日本の九州沖でマグニチュード6.6の地震。 釜山で振動が検出されました

◀アンカー▶

マグニチュード6.6の地震が今朝早く九州沖の東海を襲い、日本列島は一夜にしてパニックに陥りました。

大きな被害はありませんでしたが、30年以内に大地震が予想される地域で発生したため、懸念が高まっています。

チョン・ドンフンは冗談です。

◀レポート▶

居間の壁に掛かっている家具は大きな音で振動します。

クローゼットの皿は雨水で壊れます。

[주민]
「大きく揺れています。大きな地震です。揺れ続けています。」

今日の午前1時8分、日本の九州の東シナ海で深さ40 kmで発生した地震が、大分県と宮崎県を襲いました。

スケールは6.6です。

何かをつかまないで歩くのは難しく、固定されていない家具は落下して大きなダメージを与える可能性があります。

市内中心部では、水道管が破裂し、通りが水の海に変わり、おそらく変圧器の爆発によって火災が発生しました。

街灯は妨げられずに落ち、大小の地滑りが発生しました。

古い建物の倒壊により数人が負傷した。

[주민]
「突然、ビッグバンが発生し、事態は悪化しました…」

気象庁は、この地震が今後30年間で史上最大の災害となる可能性のある大地震が予測されている地域で発生したことを十分に認識しています。

[츠카다 신야/일본 기상청 지진해일감시과장]
「特に、2、3日で大地震が発生する可能性が高い」と語った。

宮崎県東部海域では、1968年にマグニチュード7.5の地震が発生し、高さ3mの津波が発生し、甚大な被害をもたらしました。

一方、日本の地震の余波は、5分後に韓国の南海岸に到達しました。

釜山でしか振動が感じられなかったという報告は800件ありましたが、幸い被害の報告はありませんでした。

MBCニュースのドンフンジョンです。

ビデオ編集:キム・ヘウン

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。