日本のストライカー前田から4分で最初のゴール…厳選されたセルティック

この冬、トランスファーマーケットで3人の日本人選手と契約しました…すべてのインスタントパワー
奇誠庸と車ドゥリも時代を遡った…全北現代モータース「ヨングン」ソン・ミンギュの目

有名なスコットランドのプロサッカー選手セルティックは、常に東アジアからの優秀な選手を探しています。

日本代表ストライカーの前田大然(25)が18日(韓国時間)のセルティックデビューでゴールを決めた。

前田は、2021年から22年のシーズン前半、スコットランドのグラスゴーにあるセルティックパークでハイバーニアンとのSPL 21試合の第21ラウンドで勝利を収め、セルティックを2-0で勝利させました。

トム・ロギッチが右サイドからグラウンドパスを放ち、前田はゴールエリアの正面から右足でシュートを放ち、ポストを終えた。

日本のストライカー前田から4分で最初のゴール...厳選されたセルティック

この試合は前田のセルティックデビュー戦だった。

それは彼のデビューの最初の4分間で得点されたゴールです。

前田は後半29分に交代し、ヨーロッパデビューを果たした。

Meadaは、2021年シーズンの日本のJリーグで、23ゴールを挙げて共同トップスコアを獲得しています。

彼はU-23(23歳未満)代表チームでプレーし、昨年の2020年東京オリンピックで日本の4位入賞に貢献しました。

試合は中止されたものの、21日に行われるチームAとウズベキスタンの評価試合の招集リストにも含まれていた。

セルティックはこの冬、移籍枠で前田を含む3人の日本人選手と契約した。

日本のストライカー前田から4分で最初のゴール...厳選されたセルティック

ガンバ大阪と川崎フロンターレでそれぞれプレーした井手口陽介と旗手怜佑はセルティックと4年6ヶ月の契約を結び、前田は横浜F・マリノスからのローンに署名した後、今年の夏に完全に移籍することを決定した。

誰もが即座にエネルギーを与えられました。

その日、前田と並んで旗手がスタートし、後半29分には井手口が代役を務めた。

さらに、前田はセルティックのスカウトを満足させるためにゴールを決めました。

セルティックの東アジアの選手への愛情は珍しい。

日本のストライカー前田から4分で最初のゴール...厳選されたセルティック

韓国人のソンヨンキ(FCソウル)とソウルの青少年強化部長のドゥリチャがセルティックパークを訪れた。

日本では、中村俊輔がセルティックで4シーズンプレーし、レギュラーリーグで3回優勝しました。

水野晃樹も3シーズンプレーしましたが、セルティックではそれほどプレーしていませんでした。

中国代表のMFであった広州FCの鄭錨監督もセルティックで印象的なパフォーマンスを見せた。

2009〜20年のシーズン、奇誠庸、チョンジ、ミズノがセルティックで同時にプレーしました。

韓国、中国、日本がヨーロッパのチームの一員として一緒にプレーするのはこれが最初で最後です。

昨年夏、日本人ストライカーの古橋亨吾がセルティックに加入し、レギュラーシーズンで8得点を挙げて合計16得点を挙げた。

日本のストライカー前田から4分で最初のゴール...厳選されたセルティック

この冬の移籍ウィンドウでは、前田を含む3人の選手と契約し、現在セルティックには4人の日本人選手がいます。

別の東アジアのプレーヤーをそれに追加することができます。

セルティックがKリーグ1全北現代モータースのソン・ミンギュに注目しているという地元の報道があります。

トルコのフェネルバフチェとイタリアのウディネーゼもソンミンギュに興味を持っていると報告されています。

しかし、全北はまだ具体的なオファーを受け取っていないと述べた。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。