日本のおかげで医療の近代化? 極右が無視した真実

日本の極右グループは、韓国が植民地支配によって近代化したと主張している。 韓国にもこの議論の共感者がいます。 2005年、親日清算が始まったとき、高麗大学校のハン・スンジョ名誉教授は、韓国の出版物ではなく日本の出版物を通じてこの議論に加わった。

彼はの4月号に記事を掲載しました 「左翼共産主義イデオロギーに基づく親日派の非難の狂気–日韓併合を再評価しよう」というタイトルで。 「日韓合併」ではなく「日韓合併」と書かれていても、記事の方向性を感じることができます。 セイロンの記事が韓国で騒ぎを起こしたとき、彼が彼のウェブサイトに投稿した「これは私の本当の意図です」という韓国語の原文は、「韓国と日本」ではなく「日本と韓国」と書かれていました。

彼は、日本語の翻訳は誇張されており、元の韓国語のテキストを別々に公開しているが、それも事実を歪めていると述べた。 この記事の冒頭で、彼は「日本占領下の国家親善行動の真実の調査に関する特別法」を、国家安全保障法改正とともに4つの主要な悪の1つとして評価した。

それから彼は、「近代化の推進を通じて、私たちが失ったよりも多くを得たことを認識しなければならないと思います。 彼は植民地近代化理論の証拠として、「韓国の国民文化は植民地支配によって発展し、韓国人は日本と競争し、成長と発展の原動力となった」と述べた。

韓国と日本の極右勢力は、植民地時代に韓国が繁栄したのは「事実」だと言っています。 彼らは韓国人がそれを認めたくないと主張している。 この論理によれば、植民地時代の近代化は「不便な事実」になります。

しかし、それが「厄介なフィクション」であることを証明する文書は、8日に大田首都圏で開催された第2回大田歴史文化会議で提供されました。そのような証拠は、ファン・サンによる「朝鮮王朝と日本占領の惨劇」で発表されました。 -ik、ソウル国立大学名誉教授、「大田医療と衛生」をテーマにしたオンライン会議の最初のプレゼンテーション。

 

Jahye Clinic、1916年。ソウル駅ⓒウィキコモンズ




日本植民地時代の医療

韓国が植民地政権による近代化ではなく、経済的、政治的差別に苦しんでいたことはすでによく知られています。 対照的に、健康と医療における差別の種類については比較的ほとんど知られていない。 ソウル大学校医科大学医学部教授のファン・サンイク氏は、植民地時代の経験は「不幸による幸運」ではなく「不幸による不幸」であることを健康と医学の観点から明らかにした。 ‘。

ファン教授は、「日本人は、良い統治を通じて朝鮮の発展をもたらし、朝鮮は近代化し、文明国に発展し始めたと主張している」と述べた。 これらの主張の妥当性を見てみましょう。」

彼は、日本の占領の終わりには、医師の数は住民1万人に1人だったが、「ほとんどの人が医師に会うのは困難だった」と説明している。 400人に1人の医師がいる今日と比べると、医師の数が少ないので「医師がいなくても大丈夫」です。 日本人が成功したかどうかにかかわらず、西洋医学を学ぶ人が少なかったため、一般の人々は楽しむことが困難でした。

日本の植民地時代には、国民の医療ニーズに応える人々がいました。 彼らは、日本の帝国主義が「医療生活」として眉をひそめている伝統医学の実践者です。 これらは、一般の人々が頻繁に会った開業医でした。

西洋医学の利点を享受することは容易ではなかったので、植民地時代の韓国の医療レベルは、医師の数が増えたときにのみ増加したと言えます。 しかし、そうではありませんでした。 医者の数は増えていません。 それは継続的な下降傾向を示した。 医師と医師を含む医療専門家の総数は、日本の植民地時代を通して減少し続けました。

下のグラフの2番目の黒い線は、韓国植民地全体の医療関係者の数を示しています。 医学生と医師の総数を示す検量線は、1914年から1943年にかけて継続的に減少していることがわかります。「ホセオンの人々はますます医療から離れています」とファン・サンイク教授は言います。

  

プレゼンテーションに使用したPowerPoint画面。 ⓒファンサンイク



人口が増え、経済が発展するにつれて、医療サービスも増えるはずですが、植民地時代の韓国の医療サービスは減少しました。 朝鮮で生み出された経済的価値がどこに移転したのかを考えさせる部分です。

医療関係者の減少を理由に植民地近代化理論を却下すれば、韓国と日本の極右勢力が反論として提示するという議論がある。 これは、日本の帝国主義が植民地朝鮮に多くの病院を建設したという主張です。

ファン・サンイク教授は、「日本人は、韓国の人々に多くの医療給付を提供するために、あらゆる場所に大規模な病院を設立し、総督または州政府の下に病院を設立および管理している」と述べた。

1910年には西洋式の病院は約10病院しかなかったが、1940年までにジャヒエクリニック(後の州立クリニック)と副知事を含めて約47病院になったと彼は説明する。増加し、予算が増加し、(Jahye Clinicに所属する)医師の数が増加しました」と彼は言いました。 植民地当局が大規模な病院を建設し、その人員と予算の支援を増やしたことは明らかです。

しかし、「もっと重要なのは、誰が病院を利用したか」とファン・サンイク教授は言う。 下の表に示すように、韓国人の使用頻度は非常に低かった。

赤い直線は日本人入院患者の増減を示し、赤い点線は日本人外来患者の増減を示しています。 いくつかのねじれがありますが、これらの2つの線は一般的に1914年から1939年の間に上昇傾向にありました。

一方、韓国人入院患者を表す青い直線と韓国人外来患者を表す青い点線は、最低点である0付近に浮かんでいた。 植民地時代の韓国の主要な病院で韓国人の患者を見つけることは困難でした。

 

プレゼンテーションで使用されるPPT画面。 ⓒファンサンイク




明らかな事実


上記の事実は、植民地時代の韓国に建てられた病院が韓国人を対象としていないことを雄弁に示しています。 「私たちは多くの場所に地方の診療所を設立し、その規模を拡大しましたが、それは朝鮮に住む日本人のためであり、朝鮮の人々は非常に小さなクラス(広告の元のテキストは「非常に」でした)を除いて給付から除外されました。」ファン・サンイク教授は言った。

医師の数と通院の頻度に加えて、韓国人の健康状態の別の指標があります。 これはPMI指数であり、年間の総死亡数に占める50歳を超える死亡の割合を示しています。 50歳以上の死亡の割合が50歳未満の死亡の割合よりも高いという事実は、加齢による自然死亡の割合が高かったことを示すデータである可能性があります。

この同じPMIインデックスは、植民地時代の近代化の理論の誤りも示しています。 ファン教授によると、1910年から1937年までの日本のPMIは30から40の間でした。日本では、50歳以上の人々が全死亡の30-40%を占めました。

対照的に、韓国人の場合は25〜30歳でした。50歳未満で亡くなる人の割合は日本よりも高くなっています。 「25-30」と「30-40」の違いはそれほど大きくありません。 しかし、韓国は日本からそれほど遠くなく、日本が統一を求めて韓国と韓国は一つであると叫んだことを考えると、この違いは植民地時代の韓国と大日本帝国の健康レベルでの差別を反映している可能性があります。

    

プレゼンテーションで使用されるPPT画面。 ⓒファンサンイク



日本の右翼勢力に共感し、植民地近代化理論を広める元ソウル国立大学教授のイ・ヨンフン氏は、第23章「慰安婦日本軍の真実」で次のように述べている。 。 これは、韓国国民全体の健康状態を知らない読者が、それを読んだ場合、植民地近代化理論に陥ることを可能にする声明です。

 

日本の軍の慰安婦は、性感染症のリスクから守られていました。 米陸軍の尋問記録は、彼らが高度な避妊薬で健康であることを示しています。



日本の占領中に韓国人が直面した医学的差別は、韓国人が植民地支配のために様々な困難に苦しんだことを示しています。 それは単に土地、行政、軍の権威を奪われるレベルではありませんでした。 それは性の搾取と労働力の搾取にとどまりませんでした。

これは、「日本の植民地支配は不幸の中のチャンスだった」と主張する人々がいかに非現実的であるかを示す別のデータです。






Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。