日本に「日米2ナノ半導体基地」を設立

米国と日本は、早ければ2025年にも日本に次世代半導体基地を建設する予定です。また、両国は、民間に焦点を当てた2ナノメートルのハイテクプロセス(nm)の開発と量産のための共同研究にも入る予定です。両国の企業。

最近「技術同盟」に署名した両国は、世界経済と安全保障の中心である半導体分野でのリーダーシップを確保するための取り組みを強化することが期待されています。 その結果、韓国の半導体業界は、日米の攻勢に対してスーパーギャップを維持するための措置を取らざるを得なくなった。

日本に「日米2ナノ半導体基地」を設立

日本経済新聞(日経)は15日、日本政府が民間企業と協力して2025年に日本にハイテク半導体製造拠点を設立すると発表した。 国民経済やセキュリティ産業でますます重要性を増す次世代半導体を自国で生産することで、安定したサプライチェーンを構築する戦略だ。

日本経済新聞によると、日本の内閣は最近、2020年代に半導体の設計・製造拠点を構築するために日米の官民が協力することを規定した「新資本主義」を採択した。 2025年~2027年を目標に米国に研究・量産拠点を設立する。

日本経済新聞によると、両国は線幅2nmの微細化プロセスに匹敵する高度な半導体の開発に注力しているという。 量子コンピューターやデータセンター、最新のスマートフォンに搭載される重要な部品を直接生産しています。 彼は、戦闘機やミサイルなどの兵器の性能を決定する高度な半導体が、国の安全保障システムを強化すると予測しました。

日経によると、米国と日本の政府は、共同開発に参加する民間企業を選択するプロセスをまもなく開始する予定です。 日本の経済産業省は、研究開発(R&D)と設備投資の一部を助成金を通じて支援しています。 サムスン電子とTSMCの2025年2nm製品量産スケジュールに追いつく戦略だ。

ⓒゲッティ イメージズ バンク
<ⓒBanque Getty Images>

産業技術総合研究所は現在、東京エレクトロンやキャノンなどの装置メーカーとともに、2nmを含む先端ラインの製造技術を開発しています。 昨年 2nm のテストに成功した IBM と 2nm の研究開発を行う Intel がプロジェクトに参加している。 日米共同開発プロジェクトで名前が挙がる可能性が高い。

韓国の半導体産業は、材料、部品、装置のエコシステムを持つ日本と、微細線幅技術と高度な半導体に対する絶え間ない需要を持つ米国との出会いによる相乗効果を生み出すことを期待しています。 しかし、仮に両国が2nmプロセス技術を開発したとしても、それが真の量産化につながるかどうかはまだ分からない。 実際、量産品の供給を保証できるかどうかが、量産するか否かの鍵となります。

国家半導体業界関係者は、「米国と日本は(サムスンとTSMCに次いで)市場シェアを確保できないため、合弁で進出できる」と話した。 脅威になる可能性があります。」

次世代半導体の開発・量産スケジュール

出典:業界、日本経済新聞

日本に「日米2ナノ半導体基地」を設立

ジャーナリスト ユン ヒソク パイオニア@etnews.com, ジャーナリスト キム ジウン jw0316@etnews.com

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。