日本で給料が上がらないのはなぜですか? 「労働生産性の低さ、終身雇用への害」

長期不況に苦しむ日本人労働者が低賃金のくびきから抜け出せないのは、労働生産性の低さと正社員の悪影響によるものと分析されている。

日本の労働者の平均給与はG7諸国の中で最も低く、韓国でも長い間逆転しています。

日本が経済を阻んでいる構造的問題に対処できない場合、遅かれ早かれ、一人当たりの国内総生産(GDP)は韓国と台湾によってノックダウンされると予測されています。

厚生労働省が最近実施した基本給構造調査によると、昨年の新入社員の平均月収は212,300円(約200万ウォン)だった。

性別では、男性213,400円、女性211,000円でした。

1990年代、日本の平均給与は韓国よりもはるかに高かったが、それをはるかに超えていた。

韓国雇用者連盟によると、2020年の大学卒業生の平均年収は韓国で3,391万ウォンだった。

給料は、最近の日本の大学卒業生よりも20%以上高くなっています。

この違いは、国際機関の公式統計でも確認されています。

経済協力開発機構(OECD)によると、2020年の日本人労働者の平均年収は韓国で38,515ドルと41,960ドルでした。

価格は、米国で69,392ドル、ドイツで53,745ドル、英国で47,147ドルでした。

日本の労働者の賃金は1990年代初頭の主要先進国の賃金と同様でしたが、「失われた30年」の間は安定していました。

過去30年間で、日本の労働者の平均給与は4.4%しか増加していませんが、他の先進国の給与は2桁増加しています。

社会に参入して一生懸命働くのが最も難しい20代の人々の賃金上昇率は、過去30年間でかなり鈍化している。

日本経済新聞(日経)は先月28日、20代の日本人が28日に入社し、10年間で1990年に比べて昇給率が10%以上下がったと報じた。報告。

日経によると、20代前半の給与水準を100、10年後の30代前半と見ると、1990年には151人だったが、2020年には129.4人に下がった。

賃金の伸びは30年間で14%低下しました。

専門家は、他の先進国とは異なり、日本の賃金が上昇しない理由は、労働生産性の低さの悪影響と生涯雇用の文化が深く根付いているためであると指摘しています。

この傾向が続くと、日本の名目GDPは2027年に韓国、2028年に台湾を追い抜くと日本の経済研究センターは予測している。

日本の著名なエコノミストであるビジネスブレークスルー大学の大前研一学部長は、次のように述べています。 賃金が停滞する理由の一つは、たとえそれが低くても、めったに転職しない傾向があることです。

彼は続けた。「岸田首相が今実施する必要があるのは、20年前にドイツのシュローダー政権によって実施された「アジェンダ2010」型の構造改革です。 「、彼は下線を引いた。

昨年10月に発足した岸田文雄内閣は、日本経済の構造的問題として報告されている賃金停滞現象を克服するために、さまざまなニンジン対策を提案している。

代表的な政策は、積極的に賃金を引き上げる企業に大幅な税制上の優遇措置を与え、受動的な企業には投資利益を減らすことです。

読売新聞と日経によると、日本政府と自民党は、法人税控除額を中小の場合は40%に25%増税する税制改革案を導入した。企業は従業員の総給与を2.5%以上増やします。

大企業ではこれまで20%だった控除率も、給与総額が4%以上増えると30%にまで拡大されます。

また、大企業の研究開発等に適用される法人税減税基準。 昇給を反映して強化されました。

この特典の対象となるには、「2022年に総給与を少なくとも0.5%増やす」および「2023年に総給与を少なくとも1%増やす」という条件を満たすか、国の施設への投資要件を満たす必要があります。

しかし、専門家は、税制上の優遇措置に焦点を当てた岸田内閣のこの政策は、日本企業の昇給を誘発することは容易ではないと信じています。

日本の平均給与を下げる要因として挙げられている中小企業(SME)の場合、全企業の65%が赤字であり、法人税を支払うことができません。

2008年のリーマンショックをきっかけに金融危機が発生した際、日本は破産の危機に瀕している中小企業に資金を提供するための金融円滑化法を制定しました。

賃金水準を上げるためには中小企業の構造改革が不可欠であるが、政府の支援があれば、赤字や法人税を払えない企業でも生き残ることができるため、根本的な解決は難しい。

岸田首相が日本経済の構造的問題を解決するために推進した「新資本主義」への批判も批判されている。

「新資本主義」は岸田首相が自民党内のライバルと競争する際に造ったスローガンであるが、その概念が曖昧であると批判する声が絶えずあった。

大前学長は、「岸田首相の政治演説を何度読んでも、 『新資本主義』とは何か理解できない。 「私たちは何であるかを定義する必要がありますが、そうではありません。 資本主義と経済学を完全には理解していないようだ」と語った。

岸田首相が「新資本主義」を説明する一方で、成長だけでなく分配も重要であるが、日本は主要国の中で最も富の集中度が低いと指摘した。

大前学部長は、主要国の上位1%の資産保有者の割合を見ると、ロシアが58.2%、ブラジルが49.6%、インドが40.5%、米国が35.3%、日本が18.2%と最も低いと述べた。 %。

言い換えれば、日本は主要国の中で富の分配が最も多い国ですが、岸田首相はまだその点を十分に理解していなかったため、分配を主張しました。

産経新聞は、岸田首相が「新資本主義」を推進することでアベノミクスが達成できなかった好循環と悪循環を達成すると計算しているが、経済全体の規模を変えずに再分配しても、富裕層や社会を活性化させます。 壊れているかもしれないと指摘した。

この政策を実現するためには、長い間停滞していた日本の潜在成長率を復活させる必要があると付け加えた。

大前首相は、「岸田首相は経済を再検討する必要がある」と述べ、「それ以上の政策が止められない限り、日本の賃金は韓国や台湾よりも低くなり続けるだろう」と述べた。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。