日本が輸出を禁止した原材料…ローカライズ

▶拡大表示するには、ここをクリックしてください

彼は、韓国企業が完全に日本から輸入している半導体およびディスプレイ製造プロセスの主要な原材料を見つけることができました。 これは、日本が2019年に3つの主要な半導体およびディスプレイ材料に関する韓国への輸出規制を強化してから3年以内に達成された偉業です。

電子部品・化学材料の専門会社であるケムトロニクス(キム・ボギュン会長、写真)が7日、超高純度の製造に成功したことを発表した「プロピレングリコールメチルエーテル酢酸(PGMEA)」を開発した。 (99.999%の純度)。

ケムトロニクスの関係者は、「日本が輸出制限を発表した後、EUVPR用にPGMEAをローカライズすることを目標に製品開発を奨励した」と述べた。

PGMEAは、塗料や接着剤などの一般的な製品だけでなく、半導体、液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED)などの電子製品の製造にも使用される代表的な溶剤です。 世界クラスの化学会社であるダウとライオンデルだけが、独自の技術でPGMEAを製造しています。 特に、超高純度PGMEAは、2019年7月に日本が韓国への輸出を制限した3つの主要な材料および技術の1つであるEUV PRの主要な原材料です。一方、PGMEAが日本と中国から輸入されると、Chemtronicsはそれを精製して供給します。国内企業に。

今回、Chemtronicsは、超高純度PGMEAに成功したため、高度な技術を必要とするEUVプロセスに対して高度な材料技術に依存しないと評価されています。 材料業界の関係者は、「EUVグレードPGMEAは、EUVエッチングに必要な化学原料であり、微細なプロセスであり、最も難しい技術と考えられています。これは、感覚を超えた半導体材料技術

特に、Chemtronicsは、PGMEAの異性体(β異性体)の濃度を1PPM(100万分の1を表す単位)未満に下げる技術を確保しています。 ChemtronicsのKimBo-Kyun社長は、次のように述べています。「グローバル企業は、PGMEAで有害物質として分類される異性体の含有量を10PPM未満に下げることを要求しています。 異性体は、分子式は同じですが構造が異なる物質です。 米国国立労働安全衛生研究所によると、PGMEA異性体は生物毒性が高く、不妊症や先天性欠損症を引き起こす可能性があります。 これが、ESG(環境責任、透明管理)の流れが世界全体で本格化する中で、Chemtronicsの業績が電子ハードウェア業界全体の環境にやさしい素材の認識を変えることが期待される理由です。

Chemtronicsは、半導体グレードのPGMEA製造プロセス技術を適用することにより、すぐに大量生産に注力することを計画しています。 このため、今年末までに約200億ウォンを投資してPGMEA製造工場を完成させることを目標としています。 材料産業によると、PGMEAの現在の国内市場は年間約2400億ウォンです。 今後、半導体産業がさらに成長すれば、市場は1兆ウォンに達すると見込まれています。 Chemtronicsの関係者は、「PGMEAから始めて、超高純度で環境に優しいトレンドを考慮して、さまざまな電子材料をローカライズする予定です」と述べています。

[양연호 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です