日本「朝鮮時代に受けた仏像」…証明できない

◀アンカー▶

着席した菩薩像は日本の略奪で日本に運ばれましたが、韓国の泥棒が日本から盗んで韓国に持ち込みました。

日本の神殿やマスコミが初めて所有権の訴えに参加したが、日本側はそれが合法的に伝達されたと新たに主張した。

記者チョ・ヒョンちゃんによる報道。

◀レポート▶

2012年に日本の対馬の観音寺から泥棒に盗まれた菩薩観音の金色の青銅色の座像。

高麗王朝末期に650年前に略奪された仏像であると主張して、瑞山武雄寺が最初の事件に勝った。

そして、昨日行われた第15回控訴裁判所の裁判では、観音寺の田中節三知事が初出廷した。

田中知事は裁判中に新たな議論を行った。

観音寺は500年近く仏の公有財産であるため、その所有権は法的に確立されているだけでなく、

観音寺を創立したジョングァンは、1527年に朝鮮で仏像が形成されたときに受け継いだと言われています。

[다나카 세쓰료/일본 간논지 주지]
「神殿は長い間受け継がれています。(アーカイブには何が残っていますか?)後で書きたいと思います。」

しかし、仏像を動かしたときに通常残る転移の痕跡がないことから、観音寺の主張は弱いようです。

ブソクサ側は、ブソクサ神殿の所有権は変更されないが、歴史的文書を引用して法原則を改訂することになると強調した。

[원우 스님/서산 부석사 前 주지]
「朝鮮に来て練習するなど、苦情はたくさんありますが、苦情が多いので見直すのに時間がかかるかもしれません。」

8月に予定されている次の審理は、日本の寺院の新しい主張を立証するかどうかについて、5年以上も続いている控訴裁判所の決定の最後の質問になると予想されています。

MBCニュースのチョ・ヒョンちゃんです。

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。