日本「拉致問題の解決を求める北朝鮮の要求には応じられない。全員の帰国に向けて全力を尽くす。

日本政府は、拉致問題はすでに解決済みだという北朝鮮の主張を受け入れることはできないと述べた。 彼は、日本人による拉致問題は政府にとって最優先事項であり、すべての拉致被害者ができるだけ早く帰国できるよう最善を尽くすことを強調した. アン・ソヨン特派員。

日本政府は最近、北朝鮮外務省が「日本人拉致問題はすでに解決済みであり、この問題について議論することは選挙人票を獲得するための政治的詐欺である」との主張を否定した。

[주미 일본대사관 공보실] 「我々は北朝鮮による発表を認識している。政府はこれらの発表のそれぞれについてコメントすることを控えているが、日本はこれらの主張を絶対に受け入れることはできない。我が国の立場は変わらない:日本と北朝鮮の間の平壌宣言に基づいている」拉致、核、ミサイルなどの問題を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指す。 »

在米日本大使館広報室は9日、北朝鮮の主張に関するVOAのコメント要請に対し、「北朝鮮の発表は承知している。決して受け入れられない」と応じた。

「『日朝平壌宣言』に基づく政府の立場は変わらない」と述べた。

「拉致問題、核・ミサイル問題など様々な問題を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指す」

2002 年 9 月 17 日、北朝鮮の金正日総書記と日本の小泉純一郎首相との首脳会談の後、「平壌朝日宣言」が採択された。

北朝鮮はこの機会に日本人13人の誘拐を認め、後に8人が殺害され、5人とその家族が帰国したと主張した。

しかし、日本政府は、少なくとも 17 人の拉致被害者を主張し、北朝鮮政権が死亡したと宣言した 8 人の調査を要求したが、北朝鮮はこれを拒否した。

在米日本大使館広報部は「拉致問題は岸田政権の最優先事項」と強調。

[주미 일본대사관 공보실] 「拉致問題は岸田政権の最優先課題。 拉致被害者の家族は高齢化し、一刻の猶予もありません。 拉致被害者の皆様が一刻も早く帰国できるよう万全を期すとともに、あらゆる機会をとらえてご報告いたします。

「拉致被害者の家族が高齢化する中、時間はありません」と彼は付け加えた。

「すべての拉致被害者ができるだけ早く帰国することを確実にするために、可能な限りのことをする」と彼は語った。

菅義偉元首相と安倍晋三首相は、拉致問題を解決するために北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と無条件で会談する意向を繰り返し表明しているが、北朝鮮はすべての答えを出しているわけではない。

VOAニュースのアン・ソヨンです。

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。