日本、「サイクリングパラダイス」…供給の激変の文脈での価格「上昇」

◀アンカー▶

乗る国のことを考えると、日本を思い浮かべます。

コロナウイルスや国際石油価格の高騰により、自転車利用者数は増加しているものの、供給が悪く、価格が上昇しており、購入も容易ではありません。

東京の特派員ヒョンジュンヒョン。

◀レポート▶

仙台にある自転車屋さんです。

過去に約200台の新しいバイクが輸入販売されましたが、残りは半分に過ぎません。

[야마구치 테츠오 사장/자전거매장]
「この商品は在庫がないため、お客様が望むものを提供することはできません。

人気商品を購入するには、最大1年待たなければならない場合があります。

コロナの大流行により公共交通機関が停滞し、ガソリン価格の高騰で乗用車にも負担がかかったため、自転車の販売は好調でした。

2020年には2.1兆ウォン相当の自転車が過去最高の売り上げを記録した。

しかし、コロナは再び私に追いついた。

日本の自転車産業は、自転車部品工場が集中している中国や台湾がコロナウイルスの影響で閉鎖または部品生産の減少に見舞われたことで打撃を受けました。

最近では、ロシア・ウクライナ戦争も影響を及ぼしています。

自転車本体の主原料であるアルミニウムはロシアで生産されており、世界の生産量の10%を占めています。

アルミや部品の供給が途絶えることで、日本での自転車の販売価格は上昇しています。

有名メーカーがすでに44,000円から53,000円に大幅に値上げしたモデルもあれば、値上げを検討しているメーカーもある。

東京のMBCニュースのヨンジュンヒョンに会いましょう。

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。