政権交代後、韓日経済協力も「雪解け」の兆し…57.0%の企業が「経済協力を望んでいた」

[아이뉴스24 장유미 기자] 文在寅(ムン・ジェイン)政権時代、日本軍の強制動員や慰安婦問題などで凍結していた韓日関係は、尹石烈(ユン・ソクヨル)政権で凍結が解かれた。

韓国企業の半数以上が、韓国と日本の対立を解決し、経済協力を行う必要があると主張した。 [사진=뉴시스]

全国経営者総連合会は16日、調査機関グローバルリサーチに委託し、先月27日から7日間、全国の従業員30人以上の企業207社を対象に調査を行った。 207 社のうち、103 社は 30% 以上が日本企業です。

彼らは、地域包括的経済連携(RCEP)やインド・インド太平洋経済枠組(IPEF)などの大規模な多国間貿易協定が最近発足したことで、韓国と日本の間の貿易が将来さらに活発になると予想した。 また、両国の経済協力で最も重要な分野(複数回答)は「RCEPとIPEFを活用した貿易活性化(53.4%)」でした。

「RCEP は世界最大の FTA であり、世界の GDP、貿易、人口の約 30% を占め、RCEP には韓国、日本、ASEAN 10 か国、中国、オーストラリア、ニュージーランドを含む合計 15 か国が参加しています。 RCEP はまだ締結されていないため、間接 FTA の効果が期待される」「IPEF も、韓国、日本、米国、インド、オーストラリア、ニュージーランドなど 13 カ国が参加する巨大経済の枠組みである。復活を期待したい」と話した。

[그래프=경총]

この結果はまた、二国間関係の改善が投資心理の改善と雇用創出にプラスの効果をもたらす可能性があることを示唆しています。 調査対象の企業の 37.7% が、日韓関係の改善が企業の将来の投資と雇用の増加に役立つ可能性があると述べています。

韓日関係の悪化による貿易困難(複数回答)は、「売上の減少(14.5%)」、「材料・部品・設備の需給の混乱(13.5%)」、「労働力の移動が困難(11.6%)」など。通関の遅れ(9.2%)、「企業のブランドやイメージの低下(4.8%)」、「ビジネスや投資環境の予測可能性の低下(4.3%)」などの物流の混乱を訴えた。

[그래프=경총]

二国間関係を改善するための政策課題(複数回答)は、「日本からの輸出制限の解除などの貿易紛争の解決(35.9%)」、「貿易協定への参加による貿易の促進(32.5%)」、「対話とコミュニケーションの強化」である。政府間」。 「(31.1%)」など。

これは、韓日関係が急速に緊張した2019年7月から3年以上にわたって実施されてきた日本の輸出管理措置について、企業が非常に懸念しており、政治を通じて韓日関係を改善するために不可欠であると考えていることを示唆している。解像度。 .

大韓民族連合会のペ・ジョンヨン国際協力チーム長は「韓国の景気悪化による輸出の減少や輸入通関の遅れ、売り上げの減少など、事業運営にさまざまな困難が生じている」と話した。日本関係。 」と分析した。

KEFは「韓日関係が緊張している状況で、駐韓日本大使と財界人との定期的な連絡会を開催し、韓日関係の改善に努めている。 「我々は状況を改善するために懸命に努力し、政府が韓国と日本の間の輸出制限を解決するために行動を起こすことを望む」と彼は言った。

/チャン・ユミを報告(sweet@inews24.com)











Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。