政府は「福島での汚染された水排出に対する日本の許可を心配している」-政治ニュース| 新着

政府は22日、原子力発電所から海に汚染水を排出する計画を公式に承認した日本原子力規制委員会の決定について、日本に懸念を表明すると発表した。福島。

同日、政府はソウルの庁舎で「福島原子力発電所から海への汚染水の排出に対応する関係省庁の会合」を緊急に開催し、事務局長のキュウ氏が議長を務めた。政府の政策調整の、そして対策を議論した。

日本の福島県の原子力発電所。 (写真=著作権者(c)共同通信/聯合ニュース、無断転載禁止-再配布禁止)

日本の原子力規制委員会は同日、東京電力の「福島原子力発電所の海洋汚染水排出施設の設計と運用計画」を発表しました。これは、福島原子力発電所からの汚染水をALPSで処理し、希釈することを含みます。海水でそれを海に放出します。

この認可後、日本は、汚染水中の放射性核種の再分類、放射線影響評価の再実施、汚染水施設の運用計画の完了、事前準備など、実際の排出前のすべての手順に従います。施設の使用検査。 発表

政府は会議で、「国民の健康と安全が最も重要であるという原則に基づいて、内外で可能な限り最善の対策を講じる」という以前の立場を再確認した。

したがって、政府は、二国間コミュニケーションおよび協議チャネルを通じて、海洋排出の潜在的影響に関する懸念を日本に伝え、韓国政府に対し、自国のレビューに必要な十分な情報を提供し、安全性を確保し、水の安全な処理に責任を持って対応するよう要請した。原子力発電所によって汚染されています。 発電所。 することにしました

政府は、国際原子力機関(IAEA)と引き続き協力して、海洋排出物の科学的かつ客観的な検証が実施され、汚染された水が法律および基準に従って処理されるようにする予定です。

これに関連して、昨年7月から韓国原子力安全技術研究所のキム・ホンソク博士が11カ国の専門家で構成されるIAEAの監視ワーキンググループに参加し、昨年3月から韓国原子力安全技術研究所に参加した。米国、スイス等とのALPS処理水の検証に参加。

政府はまた、海上放射線監視システムを拡大し、関連情報を透過的に開示することにより、国民とのコミュニケーションを強化することを計画している。

海水、海洋生物、海水中の底質、港湾、沿岸、沿岸域の海洋生物や底質の放射性(セシウム、トリチウムなど)監視ポイントを拡張し、月に1〜2回まで調査を実施します。

また、科学・ICT・未来計画省と海洋水産部は、プロジェクトを通じて、日本の原子力発電所からの汚染水の排出が韓国の水に与える影響を検証することを計画している。海洋拡散シミュレーションの進展。

輸入水産物の流通履歴の伝達や原産地管理の対象となる魚種の増加など、水産物の安全管理も強化されます。

政府高官は、「私たちの政府は、人々の健康と安全および海洋環境を保護するために必要なすべての措置を講じるために、全力を尽くし続ける」と強調した。

情報:公共政策調整室社会調整雇用局食品医薬品政策局044-200-2380

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。