拡大する仁川③ 韓国初の国際都市・仁川…近代建​​築展示館

東西の建築文化を反映した100年以上の近代建築

仁川港前の開港通りを歩くと、築100年以上の建物に出くわす。

釜山、群山、木浦など他の地域にも近代的な建物が多いが、仁川の開港地は他の地域とは一線を画している。

他の都市では和風建築が主流ですが、開港した仁川には和風建築だけでなく、近代的な中国風や洋風建築もあります。

実際、仁川開港地は、19世紀末に西洋諸国を含む各国にコンセッション(外国人のための住居)が設置された韓国で最初の国際都市でした。

[인천돋보기]③韓国初の国際都市仁川…近代建​​築展示館

◇外国人が居住する各国にコンセッションを設置…様々な建築文化の紹介
1883年、仁川港が強制的に開港され、港前の開港地には外国人が自由に居住し、治外法権を享受できる各国の「譲歩」が設けられました。

仁川は、1876 年の釜山、1880 年の元山に続き、1883 年に開港した 3 番目の港でした。

その結果、朝鮮は大国と租界協定を結び、現在の中区役所付近を外国人居住地として与えた。

1883年に日本租界が成立し、翌年には清朝と西洋租界が成立した。

仁川開港権は韓国で唯一、米国、英国、ドイツなど西側諸国に利権が設定された場所だ。

コンセッションの境界が設定された後、直線道路と街区が分割され、建物の用途と形状が規制され、仁川開港は韓国で最初に西洋式の複合開発計画手法を施行した場所になりました。

[인천돋보기]③韓国初の国際都市仁川…近代建​​築展示館

規則によると、ここの家はレンガ、石、鉄で建てる必要があり、タイルまたは鉄を使用する必要がありました。

木造や茅葺き屋根の家屋は認められなかったが、日本の租界では例外的に木造建築が認められた。

1914年、日本が韓国を支配し、仁川の行政区域に編入した後、各国の譲歩は消滅した.

仁川タレント大学のインテリア建築学科のソン・ジャンウォン教授は「各国の建築文化を反映した建物が次々と建てられ、多くの建物が保存されているのが仁川開港の特徴だ」と話した。 “彼は言った。

ソン教授は「しかし、強制開港以降、これらの建物は自分たちで作ったものではない当時の状況を認めながら対処しなければならない。忘れてはならない」と語った。

[인천돋보기]③韓国初の国際都市仁川…近代建​​築展示館

◇ 旧日本銀行の近代建築ショールーム…その風景をのぞく
仁川の開港地に残された建築資産は、韓国の近代都市建築の歴史を統合するための重要な出発点です。

特に、仁川開港場の近代建築展示館(中区新浦路23番キル77)では、開港場周辺の建築物を様々な工法とストーリーで一目で見ることができる。

ここでは、100年以上経った今でもしっかりと定着している現代の建築資料や模型、そして今では失われて消えてしまった資料や建築模型を見ることができます。

近代建築展示館自体も仁川の有形文化財であり、132年以上の歳月をかけて建てられました。

1890年10月に第18日本銀行仁川支店として竣工したこの建物は、近代の仁川で最も古い銀行の建物です。

2006年にショールームとしてオープンしたばかりで、当時の屋根やアーチ型の出入り口がそのまま残っているので、当時の様子がうかがえます。

[인천돋보기]③韓国初の国際都市仁川…近代建​​築展示館

◇ 100年前の街並みを歩いているような気分…失われた建物の模型を見る
展示会場では、開港周辺に存在する18棟の近代建築の背景や所在地などの関連情報に簡単にアクセスできます。

その中でも、仁川アートプラットフォームの事務棟として使われている株式会社ジャパンファースト仁川分館は1888年に建てられたもので、現存する近代建築の中で最も長い歴史を持っています。

日帝が朝鮮半島の海運業を独占することを意図した建物であるが、文化財庁は文化財の全国ポータルサイトで「宗教的な建物ではなく、個人所有の建物を見つけるのは難しい」と評価している。または公共施設で、原形をとどめているもの。」

壮大なロマネスク様式の外観を持つ打洞聖堂も、1897 年の完成以来、1 世紀以上にわたって仁川のカトリック教会の歴史を書いてきました。

また、開港場では、仁川旧郵便局や日本第1銀行仁川支店(ポートミュージアム仁川開館)、第58銀行仁川支店など、約100年の歴史を持つ建物に気軽に出会えます。日本 (韓国外食産業協会事務局)。

展示ホールでは、ジョンストン ヴィラ、セチャン ヤンヘン ハウス、オリェダン マンションなど、モデルの建物や現在は使用されていない建物のレプリカも見ることができます。

近代建築展示館の開館時間は午前9時から午後6時(月曜休館)。 入場料は大人500ウォン、青少年300ウォン、子供無料。

/ユンハプニュース

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。