慶尚北道、慶尚北道企業を募集して「CES2023」に参加











13の一般ホール(中小企業)、3つのユーレカホール(新興企業)

慶尚北道は8月1日までに慶尚北道企業を募集して「CES2023」に参加する。 写真は慶尚北道事務所の様子です。 写真=ニュース

慶尚北道は8月1日までに慶尚北道企業を募集して「CES2023」に参加する。 写真は慶尚北道事務所の様子です。 写真=ニュース

[Financial News Andong = Reporter Jang-wook Kim]慶尚北道の企業を「CES2023」に招待します。

慶尚北道は来年ラスベガスで開催される「CES2023」(1.5-8)に参加し、8月1日(3日)までローカルITコンバージェンス企業と通信(ICT)のグローバルなビジネス環境と市場参入を実現します。 21日、中小企業(13社)を採用すると発表した。

CES(International Electronics Show)は、1967年以来Consumer Technology Association(CTA)が主催する世界で最大の3つのICTショーの1つです。

2017年以降、家電製品や電子製品の展示会だけでなく、世界中のIT企業が最新のITノベルティを初めて発表する展示会になりました。

大邱慶尚北道Win-Win協力プロジェクトとして、22社(中小企業18社、新興企業3社)が初めて「CES2020」に参加した。 「CES2022」には合計18社が参加し、これまでに330件の相談と527万ドル(約70億ウォン)の契約を結んだ。

また、イノベーション賞を受賞したHomeCera(ミニ医療乾燥機エアロデイジー)は、「CES 2022」に参加した後、韓国、日本、ロシアと60億ウォンの契約を結び、ベトナム、台湾との契約を進めています。

この展示会に参加する16社に対して、州は展示ブース(1ブース(9㎡)/ 1社)を借り、ブース設備のレンタル、パンフレット/ PRの作成、通訳、航空券(200万ウォン、1社)を支援します。 )など。 サポートする予定

第4次産業インフラ課長のパク・イナン氏は、「CESに参加する地元企業の数は少ないが、技術とアイデアのおかげで、国内外で優れた成果を上げ、関心を集めている。展示会。 要求する

gimju@fnnews.com特派員のキム・チャンウク








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です