差し迫った最高裁判所の強制的な現金から現金への動員に関する判決…韓日関係の新たな変数










ユン・ソクヨル大統領が15日、龍山(ヨンサン)大統領府の芝生で開かれた第77回解放記念日祝賀会で祝辞を述べている.(大統領府提供) 2022.8.15/ニュース1 ⓒニュース1 アン・ウンナ記者
ユン・ソクヨル大統領が15日、龍山(ヨンサン)大統領府の芝生で開かれた第77回解放記念日祝賀会で祝辞を述べている.(大統領府提供) 2022.8.15/ニュース1 ⓒニュース1 アン・ウンナ記者
4日午後(現地時間)、カンボジア・プノンペンのソカホテルで開かれた韓日外相会談で、パク・ジン外相と日本の林芳正外相が記念写真を撮っている。  2022.8.4/News 1 ⓒ News1 記者 キム・ミョンソプ
4日午後(現地時間)、カンボジア・プノンペンのソカホテルで開かれた韓日外相会談で、パク・ジン外相と日本の林芳正外相が記念写真を撮っている。 2022.8.4/News 1 ⓒ News1 記者 キム・ミョンソプ

(ソウル=ニュース1)ホ・コウン記者=尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領は15日の解放記念日祝賀演説で、日本を「力を合わせるべき隣国」と呼び、韓日関係の修復と発展の意思を繰り返し表明した。しかし、韓日間の強制動員被害者の補償問題は残っている。

特に、韓国大法院の日本の戦犯による韓国での強制的資産転用手続き開始の可否に関する判決が19日に迫っており、韓国の新たな変曲点となる見通しだ。 ・今後の日本との関係。

17日、外交官によると、日本の三菱重工業による強制労働の被害者に対する商標権の特別現金命令事件を審理する最高裁民事3部は、この事件を検討すべきでないかどうかを尋ねた。ファイルを受け取ってから 4 か月後の 19 日まで、続行するかどうかはあなた次第です。

これに先立ち、大田地裁は昨年9月28日、強制動員被害者の請求で三菱の国内商標権と2つの特許権の売却を命じた。 三菱商事は直ちに控訴したが、棄却され、今年4月に再度控訴した。

最高裁が今回の審問を続行しないと決定した場合、売却命令が確定し、三菱の資産を現金化するプロセスが開始されます。 被害者側が賠償金を求めて三菱と同様に韓国内の資産を差し押さえ、売却するよう求めていた新日鐵にも、今後、裁判所から同様の命令が出される見通しだ。

日本政府は、自国のビジネスへのそのような損害を容認することはできないとの見解を示しています。 このため、韓国の裁判所が「現金化」の措置を取れば、日本側がさまざまな報復措置を講じる可能性が高い。

今回の場合、韓国政府が立ち止まることは難しいため、韓日関係が再び最悪の事態に発展する可能性が懸念されています。

韓日関係の「危機」に先立ち、韓国政府と京済動員被害者との対立が激化した。 実際、外務省は先月最高裁に意見書を提出し、「強制動員問題の解決策を見つけるために外交協議が進行中である」と述べた。

しかし、外務省の措置は事実上「正義の裁定」、すなわち金銭的措置の「凍結」の要請として受け入れられ、被害者の一部はそこに強く反対した。

ユン・ドクミン大使も8日、特派員との会談で「現金手続きを凍結する必要がある」と騒ぎを起こした。 .

これに対し、強制動員被害者は「外務省は憲法が保障する迅速な裁判を受ける権利を侵害している。 外務省主催の官民協議会にも欠席を表明した。 . また、一部の被害者は、裁判所に迅速な判決を下すよう求めています。

私たちの政府は、最高裁判所の決定に直接関与することはできませんし、また関与すべきではありません。 尹大統領が今回の解放記念日の祝辞で、韓日関係の過去問題については具体的な言及を避け、関係改善の願いを繰り返したのは、強制動員問題に関する裁判所の判決のためとみられる。

また、日本の戦犯企業の韓国資産流動化問題で韓日関係が悪化すれば、尹石烈(ユン・ソクヨル)政権とジョー・バイデン米政権が強力に推し進める「韓米日協力」が実現する可能性もある。割れた。

しかし、外交官は、金融政策が凍結されたとしても、「問題の解決は依然として容易ではない」と強調している. 日本政府は、「韓国側が強制動員問題を解決しなければ、両国関係の改善は難しい」と考えている。

日本政府は、強制動員の補償問題は、韓国と日本の請求権協定の署名時に韓国政府に提供された総額5億ドルの経済協力を通じて「すでに解決された」と主張しています。 1965年。

このため、日本側は、当裁判所の損害賠償判決は「国際法違反」であると主張しました。

慶南大学極東研究所のチョ・ジング教授は「問題を解決するために望ましい方向は、現金化をやめ、日本政府が代位弁済(韓国政府などが補償する代位弁済)を受け入れるかどうかを議論することだ」と指摘した。被害者優先)」。 .

趙教授も「日本は(強制労働について)何らかの形で謝罪すべきだが、現時点では受け入れられそうにない。救わなければならない」と断言した。








Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。