岸田文雄の憲法改正案この安倍首相の夢は実現したのか。 第2完全版

岸田文雄「憲法改正案を早急に」…安倍首相の夢は実現するのではなく実現するのか。 (2つのフルステップ)

憲法改正力の3分の2以上…「自衛隊憲法」の詳細について合意することが不可欠

米中紛争とウクライナ侵攻の中での安全保障上の不安…安倍首相の攻撃死の影響の可能性

(東京=聯合ニュース)特派員のパク・ソンジンとイ・セウォン=「憲法改正、途中でポストを離れるのは、章が切れるような苦痛だ」

衆議院選挙の2日前に射殺された安倍晋三元首相は、憲法改正を「生涯の課題」と呼んだ。

10日に行われた参議院選挙後、憲法改正に賛成するいわゆる「憲法改正部隊」は3分の2以上を維持し、改正作業が1946年の公布以来75年以上行われていない日本国憲法は勢いを増すだろう。

ロシアのウクライナ侵攻、中国の軍事力拡大、北朝鮮の核・ミサイル能力の向上など、日本の安全保障上の懸念が高まる中、安倍首相の突然の死は、憲法改正に対する有権者の認識に影響を与える可能性が高い。

◇憲法改正案の3分の2を維持する…「ホットポテト」憲法第9条

日本の主要メディアが11日に数えた投票結果によると、憲法改正に賛成する4党、自民党と与党連合、米人、野党、日本復興協会、人民民主党は、憲法審査の前提条件である衆議院議席の3分の1を獲得し、2議席(166議席)増の177議席を獲得した。

選挙前の4政党の議席数は3分の2強に過ぎなかったが、今回は3分の2以上に拡大された。

これらの政党に加えて、憲法改正に賛成する少数派政党または独立国会議員がいる可能性があります。

日本国憲法第96条は、衆議院議員と参議院議員がそれぞれ3分の2以上の賛成を得て国民投票を行うことにより、憲法改正案が提案されると定めている。 多数決により修正される。

衆議院は憲法改正の権限の3分の2以上を保有しているため、憲法改正を提案するための基本的な要件は維持されています。

3年前の2019年7月に行われた参議院選挙では、憲法改正権の3分の2未満でした。

しかし、当時憲法改正部隊に分類されていなかった国民民主党が、後に憲法改正案の審議を行うことを決定したため、憲法改正部隊は3分の2以上に達した。

この傾向は今回の選挙でも続いた。

自民党は、自衛隊憲法の規定、緊急時対応規則の制定、地方レベルでの選挙制度の維持(選挙区の統合決議)、教育環境の改善という4つのイニシアチブを含む憲法改正案を提案した。

これらの中で、自衛隊の概念は特に敏感な問題です。

憲法第9条は、戦争の放棄、軍事力の保有、および戦争を行う権利の拒否を規定している。

PLDは、自衛隊の存在を規定する新しい「第9条の2」を作成することを提案し、自衛に必要な組織の創設は、憲法第9条によって妨げられないという説明を含む。現在の憲法の第9条。

これは、憲法支持者から以前の憲法改正案への反対を緩和するための計画です。

自衛隊は過去に自衛隊を国防軍に再編する憲法改正案を提案したが、現在の憲法第九条の精神を損なうものとして強く批判されている。

◇憲法改正で合意することはできますか? 自衛隊の有名な「同じベッドの夢」

岸田首相は、投票数が増えている間、「憲法改正に関する議論を強化する」と述べた。

しかし、憲法改正の権限が3分の2以上になったとしても、すぐに憲法改正法案が提出されることを楽観視することは難しい。

必要と認める者を追加することで憲法改正案を提案することは可能であるが、憲法改正の正確な内容についてはまだ合意が得られていないためである。

参議院選挙に先立ち、先月21日にNHKの討論会に出馬した岸田首相は、日本維新の会会長の松井一郎氏からの質問に「いつ提案されるのか」と答えた。

当時、岸田首相は「要するに、提案に賛成する勢力の3分の2がいる必要はない。

憲法に自衛隊を指定するプロジェクトについては、日本復興協会と自由民主党が賛成している。

しかし、与党のコンミョン党は、自衛隊を特定するという自民党の計画から距離を置いている。

自衛隊は違憲であるという主張を克服するために、憲法に自衛隊の存在を明記するという考えについて、米人党は参議院に次のように約束した。自衛隊の現在の活動であり、彼らは彼らが憲法に違反しているとは見なしていない。 いいえ。 今後も見直しを進めていきます。 »»

人民民主党の場合、自民党の計画が支持されているかどうかは明らかではない。

憲法第九条については、「①自衛権行使の範囲、②自衛隊の所持・支配のルール」の3点を踏まえて、引き続き綿密な議論を行う。 ③軍力の不在と戦争に従事する権利の否定を規定する憲法第9条第2項との関係。 それは、廃止された参議院の約束で漠然と書かれていました。

◇セキュリティの問題…安倍晋の死の衝撃波変数

ロシアのウクライナ侵攻により治安不安が高まる中、政治家が憲法改正の議論を加速させる可能性がある。

米国と中国の間の紛争が激化する中、尖閣諸島(尖閣諸島)をめぐって中国と戦争をしている日本では、中国が台湾に武力で侵攻するという憶測も高まっている。

北朝鮮のミサイル発射の繰り返しと7回目の核実験の可能性も、憲法第9条に関連する憲法改正について世論を広めた要因である。

日本の有権者の過半数は憲法改正が必要であると信じており、政治家はこれを十分に認識しています。

共同通信が今年3月と4月に日本の有権者を対象に実施した世論調査では、憲法改正の必要があると回答した人は68%、不要と回答した人は2倍以上(30%)だった。

国会で憲法について話し合いたいトピックを3つ選んでもらうと、憲法第9条と自衛隊の存在形態が43%でトップに立った。

これに続いて、大災害時などの緊急事態への備え(38%)、教育の改善と無料教育(35%)が行われます。

衆議院に立候補する毎日新聞の調査では、回答者の52%が憲法改正を支持し、3年前の調査結果の2倍以上(25%)でした。

日本列島に衝撃を与えた安倍前首相の暗殺の影響も注目に値する。

在任中に憲法改正を強調し、辞任後も憲法改正について主導権を握った安倍前首相の突然の死が、憲法改正の原動力になっているのかもしれない。

偶然にも、自民党が現在提案している4つの憲法改正案は、故人が日本の首相と自民党の議長の両方であったときに作成された。

政界が憲法改正について真剣に議論すれば、安倍首相の支持を得て憲法改正を議論することが予想される。

岸田首相は、投票が行われている10日の夜に地元のテレビ番組に出演し、次のように述べています。そして国民投票につながる。」

前回の国会で開かれた衆議院憲法審査の第16回会期で、「国会で活発な議論が行われてから久しぶりだ。 具体的には、3分の2を満たす必要があります。 彼はそうするだろう。

彼はまた、自衛隊の特定、緊急対応規則の確立、統一選挙区の解決、教育環境の改善という4つのイニシアチブを含む、自由民主党の提案された憲法改正計画について話しました。 内容(憲法改正案を提案するために必要)」と述べた。

sewonlee@yna.co.kr

(終わり)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。