岸田文雄の参議院選挙までの6日間の中間評価…与党多数派

憲法改正義務、イニシアチブの要件⅔維持の可能性…3年間の大選挙なしの日本
選挙後、日韓問題の本格的な議論…本日、韓国官民協議会が発足

4日には岸田文雄首相の中間評価である参議院選挙が6日で迫っている。

日本の主流メディアによる意見調査と分析によると、与党の自由民主党と与党の米人連立が新たに選出された議席の過半数を占め、憲法改正の支持者は、憲法改正。

今月10日の選挙後、日本では2025年夏まで本格的な議会選挙が行われないため、岸田政権がいわゆる「黄金期」に入るのかどうかが注目されている。

選挙後、日韓関係は大幅に改善することが期待されています。

◇自由民主党の不変の支配…与党内で過半数を維持する
今月1日と3日に行われた世論調査に基づいて、日刊最大の読有新聞が選挙中期の状況を分析した結果、自民党と米人が過半数(63議席以上)の議席(124回の定期選挙+1)を獲得した。今回選出された補欠選挙)。 占領するのは大混乱だったと4日に報じられた。

自民党は55〜65議席、金明党は10〜15議席、野党最大の立憲民主党は13〜24議席、日本共産党は11〜19議席、日本共産党3議席を獲得する見込みだ。 8席まで。

岸田文雄の参議院選挙までの6日間の中間評価…与党多数派

民主党は立憲民主党が苦戦していると解釈されているが、既存の議席数と比較すると、自民党はわずかに増加すると予想されている。

日本復興協会は、議席を大幅に増やす可能性が非常に高い。

自民党の首相でもある岸田首相は、公明党では衆議院の総議席数の過半数(125議席以上)を獲得することが、選挙の勝敗を決める基準だと述べた。 。

衆議院議員の任期は6年であり、その半数は3年ごとに再選される。

3年の任期はまだ70議席なので、今回の選挙で自民党と公明党が55議席を獲得すれば、勝利宣言が可能だ。

読売の分析によれば、与党は岸田首相が設定した基準を容易に満たすはずだ。

日本経済新聞(日経)も今回、自由民主党と公明党が半数以上の議席を獲得すると分析し、毎日新聞は両党が過半数を獲得する可能性が高いと述べた。

◇憲法改正案の3分の2の要件を維持する可能性
今回の選挙後の憲法改正の議論では、いわゆる「憲法改正部隊」がどの程度積極的になるかということに特に注意が払われている。

憲法改正案を提案するには、衆議院議員と衆議院議員の少なくとも3分の2がそれぞれ同意しなければならない。

衆議院の場合、総議席数は248議席であるため、166議席を超えるかどうかが鍵となる。

下院は憲法を改正する権限の3分の2以上を持っています。

自由民主党、コンミョン党、日本維新の会、国民民主党など4党と少数派、独立議員が憲法改正勢力にランクされているが、日経は3分の2以上が視界に入っていると分析した。 。

岸田文雄の参議院選挙までの6日間の中間評価…与党多数派

毎日は、憲法改正に賛成する四党が議席の3分の2を維持する可能性が高いと診断した。

過去、衆議院と衆議院では、憲法改正の権限がそれぞれ3分の2以上に達したが、憲法改正法案はまだ提案されていない。

しかし、最近、ロシアのウクライナ侵攻、日米紛争の激化、北朝鮮の核・ミサイル能力の向上、日中領土問題など、国際情勢が不安定になっていることから、日本の憲法改正のために成長しています。

岸田文雄の参議院選挙までの6日間の中間評価…与党多数派

選挙後、政治家は憲法を変えるために本格的な措置を講じる可能性が高い。

今回の選挙では、有権者は経済とインフレに関心を持っています。

読売新聞が有権者に最も好きな政策を尋ねたところ、回答者の37%が経済とインフレ対策が最も重要であり、20%の年金や外国の安全保障などの社会保障が14%で続いた。

日本銀行だけで大規模な金融緩和により原油などの物価が上昇し、円安が進んだことで、日本の有権者の物価水準は急速に上昇している。

有権者の経済情勢に対する不安や不満は、今後も日本の政治において変動し続ける可能性があります。

◇3年間の大規模選挙のない日本…日韓関係に焦点を当てる
参議院選挙後、今後3年間は本格的な選挙は行われない。

次回の参議院選挙は2025年夏に行われ、昨年10月下旬に4年任期の衆議院総選挙が行われたため、2025年秋に選挙が行われる予定である。国会は解散しません。

危機的要因がうまく管理されていれば、選挙なしで3年間安定した権力基盤を維持することが可能です。

しかし、国際情勢の急速な変化、国民経済、コロナ19の蔓延の兆候、そして日本の政治における覇権争いは常に変動するはずです。

韓国では、2024年4月の総選挙前に本格的な選挙は行われません。

岸田文雄の参議院選挙までの6日間の中間評価…与党多数派

日韓関係の主要な問題、例えば、日本の植民地時代の強制動員の犠牲者や日本軍の慰安婦の犠牲者への補償など、両国間の議論は、衆議院選挙後、真剣に議論されるべきである。 今月の10日。

韓国政府は4日、強制動員の犠牲者への補償問題を議論する官民評議会を発足させ、日本は韓国側の議論を追っている。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。