山上の「引き金」で統一教会の実態が明らかに…日本企業は「韓国への送金」に注力

日本最大の民間放送局であるTBSは最近、日本の統一教会からの寄付に関する内部データを入手し、韓国に天文学的な寄付が行われたことを明らかにしました. 彼はまた、昨年9月に韓国で行われた統一教会のイベントでの安倍首相の祝電の裏話を語った. (写真=日本TBSからのYouTubeキャプチャ)
統一教会に恨みを抱く山上哲也による安倍前首相暗殺事件をきっかけに、統一教会の正体が明らかになる。


日本のメディアは、統一教会への恨みを抱いていた山上で先月8日に日本の安倍晋三元首相が亡くなった後、大規模な報道を続けた. 特に、統一教会と自民党政権の60年にわたる緊密な関係と、天文学的な寄付を集めるプロセスに焦点を当てています。

日本最大の民間放送局であるTBSは、先月30日に特別報道発表を行い、統一教会の寄付に関する内部データと、韓国での統一教会のイベントで安倍首相がビデオメッセージを送った経緯を入手した。

この番組は、1999年から2008年までの日本の統一教会本部からの寄付に関する内部データを示し、統一教会が約600億円(当時の為替レートに基づくと約6000億ウォン)を調達したことを明らかにした. 日本の統一教会は2009年に違法な寄付を強制しないと宣言した後も、600億円近くの寄付を集めたと彼は付け加えた。

この放送では、日本の統一教会から韓国の統一教会本部に送られた寄付金の額も明らかになりました。

2009 年に 230 億円、2010 年に 255 億円、2011 年に 295 億円、寄付データに指定された TD (感謝祭寄付) を参照して、韓国に毎年最大 200 億円が寄付されたと番組は報告しました。

さらに、彼はまた、2013年に韓国統一教会に関連する財団に130億ウォンの支払いの詳細を明らかにしました.
TBSが入手したデータによると、日本統一教会は1999年から2011年にかけて毎年約600億円の寄付を集めていた。天文学的な寄付は、統一教会の寄付金被害問題後、2009年に発表された遵守宣言後も続いた。日本では社会問題になっています。  (写真=YouTubeキャプチャ)TBSが入手したデータによると、日本統一教会は1999年から2011年にかけて毎年約600億円の寄付を集めていた。天文学的な寄付は、統一教会の寄付金被害問題後、2009年に発表された遵守宣言後も続いた。日本では社会問題になっています。 (写真=YouTubeキャプチャ)

日本のTBSが入手したデータによると、2009年から2011年の間、毎年200億円以上が韓国に送金された. (写真はYouTubeより)日本のTBSが入手したデータによると、2009年から2011年の間、毎年200億円以上が韓国に送金された. (写真はYouTubeより)
また、韓国で開催された統一教会のイベント(THINK TANK 2022 新朝鮮統一希望大会)に安倍前首相がビデオメッセージを送った経緯も明らかになった。 これが山上容疑者の犯行の直接の動機とされる映像です。

UPF(平和大学)の梶栗学長は、TBSが入手した映像資料で「安倍前首相のほか、首相を歴任した3人に『祝電を送ってほしい』と頼んだが断られた」と話した。 ) はプロパガンダの手段として利用され、プロパガンダを試みていると言って拒否しました。

日本政府も日本社会において統一教会に対して否定的なイメージを持っていたと言われています。

そんな中、日本のUPF会長が、安倍前首相がビデオメッセージを送った経緯を動画で明かした。

「安倍元首相は最初に不快感を表明したが、米国の元大統領は祝電を送ると述べた」と日本のUPFの大統領は述べた。 続けて「昨年春にもそういう議論があったが、トランプ氏が祝辞を述べ、安倍前首相もビデオメッセージを送った」と語った。

日本のUPF総裁は、「安倍政権の8年間の6回の選挙での自民党への忠誠心は報われた」と語った。 「安倍首相も私たちの善意を認めた。『よく覚えている』と言っていた。


TBS は、韓国統一教会の説明も含めました。 韓国の統一教会の関係者は放送インタビューで「政治家は多くの人に会う必要があります。選挙中、彼らは自分の投票について意識的に行動しなければなりません。そのため、政治家は多宗教である投票のために、キリスト教に行く場合(イベント)、あなたはキリスト教徒です私が仏教(イベント)に行くとき、私は自分が仏教徒であるかのように振る舞います.

安倍前首相が山上で暗殺された事件をきっかけに、日本社会は統一教会の実態に強い関心を寄せている。 日本のネチズンは、山神事件が政治と疑似宗教の融合によって引き起こされた悲劇であることに同意しているようだ.  (写真=YouTubeキャプチャ)安倍前首相が山上で暗殺された後、日本社会は統一教会の現実に非常に関心を持っています。 日本のネチズンは、山神事件が政治と疑似宗教の融合によって引き起こされた悲劇であることに同意しているようだ. (写真=YouTubeキャプチャ)
この放送を見た日本のネチズンの反応は温かいものでした。 放送を YouTube にアップロードしてから 1 日以内に、900 を超えるコメントが寄せられました。 ネチズンは、それが政治と崇拝の融合によって引き起こされた悲劇であることに概ね同意した.

ネチズンAは「安倍元首相は統一教会の実情を知っていた。票を気にしていたが、最終的にメッセージを送ったのは『儲かると思ったから』だった」と語った。 B氏は「(結局は)政治、宗教、金の問題。加盟が厳しくなった」と批判。 C氏は「(今回の問題は)政府と政府の分離問題ではなく、通貨誘致犯罪だ」と指摘。 D氏は「これは新しいヘイトトピックですか?

またネチズンからは「山神くんはヒーロー。彼の勇敢な行動が、今まで誰も知らなかった、誰も知らなかったものを暴くきっかけになった」との声も上がった。

異端の専門家は「山上氏の統一教会への恨みに同情し、安倍前首相を貶める韓国と日本の統一教会信者や二世信者の書き込みがネットやSNSに流されている」と指摘。 巨大化した統一教会の現実を剥ぎ取る一種の引き金となる。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。