屈辱「KBO10がランチャーを制す」、日本メディアで7ヶ月たった1記事

KBOリーグ10勝で投手の屈辱だ。

日本のプロ野球ヤクルトスワローズに移籍した元LGスアレス投手は、日本のマスコミから完全に無視されている。

ネームバリューやスキルで誇れるものは何もないという現実を反映している。


画像を拡大

LGのスアレス。 写真=キム・ジェヒョン記者

スアレスは日本のプロ野球で非常に悪いピッチングをした.

1軍では5試合に出場し、平均防御率6.53で無失点。

幸い6月26日の試合後、2軍に降格。 それ以来、彼は1チームに参加していません。

これは、2 番目のグループも貧弱だからです。 2番目のチームでも、セットの消化不良の欠点を克服できず、パフォーマンスがありません。

当然、彼らは日本のメディアから完全に無視されています。

場合によっては、同情さえ紹介されることもありますが、それさえもめったに見られません。

2回目の軍事行進のニュースが伝えられただけで、何人かの関係者に埋もれていました。

調査の結果、契約に関する記事の後にスアレスに関する記事が 1 つしかありませんでした。 結局のところ、彼はおしゃべりな騎士でした。

初出場試合についてのスケッチ投稿で、スアレスは昨年までヤクルトでプレーしていたアルバート・スアレス(現サムスン)と同姓同名だったということで、ファンの間で話題になった」混乱している」または「どれがどれかわからない」。

ゲームの評価や将来への期待を取り上げた記事は 1 つもありませんでした。 契約から7ヶ月が経過しましたが、適切な記事がありませんでした。

その存在感は微々たるものと言えます。

スアレスはヤクルトと年俸80万ドル(オプション含まず)で契約を結んだ投手。 彼は日本のプロ野球の基準からすれば、大金を使う選手ではない。

KBOリーグで10勝したものの、タイトルホルダーにはならなかった。 何の肩書きも持たずに日本に行きました。

それはあなたがこの屈辱を受けることを意味します。

ヤクルト側からすれば、大金を使う選手ではないので生かす必要性を感じていないように見える。

彼が生き返って存在感を示すまでは、一軍復帰は難しそうです。

2 番目のグループでは、過去 7 日間の出場記録がありません。 これはセカンドチームでもなかなかチャンスが生まれないことを意味します。

スアレスは、昨シーズン後にLGに多額のサラリーを要求した後、契約を更新しなかった. LGは昨年10勝したものの、スアレスは耐久性が低く、スリーブの消化率が悪いため、あまり好きではありませんでした。

これまでのところ、これはプレイヤーを正しく識別したLGの判断が正しかったことを証明しているだけです。

スアレスは屈辱を晴らし、チームのキープレーヤーになれるか? 今のところ、見通しはあまり明るくありません。

[정철우 MK스포츠 전문기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。