尹政府は、CPTPP や IPEF などの新しい貿易秩序への参加を奨励しています…「キーマン」は海兵隊員ですか?


▲ CPTPPスコープ.ⓒ聯合ニュース

民間の成長を旗印に推進してきた尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権は、新貿易秩序への参加を後押ししている。 米国主導のインド太平洋経済枠組 (IPEF) にリストされており、包括的かつ先進的な環太平洋パートナーシップ (CPTPP) に参加する過程にあります。
海洋水産省は重要な役割を果たしていませんが、重要な役割を担っています。 それは、政府を後押しする赤いチリパウダーである場合もあれば、人々の間でコンセンサスを形成するための先頭に立つ場合もあります。 チョ・スンファン海洋水産部は、就任当初に内閣を退くことで、政策遂行の完成度を高める役割を期待されている。
チョ・スンファン海洋水産部長官は25日、世宗(セジョン)市のあるレストランで記者団と昼食会を開き、同日、「立場に変化はない(職員聴聞会の答弁で)」と述べた。 )” 日本は、CPTPP の加盟プロセスの一環として、福島地域への食品の輸入を許可する条件を提示しているかどうかを尋ねられた. . CPTPPは、アジア太平洋地域の11カ国で構成される主要な経済諮問機関であり、日本も主要メンバーとして参加しています。 CPTPP は、加盟国の全会一致の決定により、新しいメンバーシップを決定します。 日本が韓国に福島地域からの食料輸入を許可するよう要請する可能性が高い。 2013年、韓国政府は福島近郊の8県からの海産物の輸入を禁止した。 台湾政府は2月8日、野党の強い反対にもかかわらず、福島周辺5県からの食料輸入を許可すると発表した。
趙長官は「福島から水産物を持ち帰る問題は、公衆衛生と安全に密接に関係している。それがゴールだとは思わない」と述べた。 趙長官も同日、「基本的には、CPTPPは国益に沿うしかないという政府の立場は理解している」と述べ、それは問題ではないという考えを示した。

趙長官は「被害が十分に補償されるよう、農業を含めて被害が広範囲に及ぶという予測を積極的に発信する。機会はあるだろう」と述べた。

▲チョ・スンファン海洋水産部長官ⓒ聯合ニュース

趙長官は、CPTPPの下で日本の水産物の輸入を認める問題については言及しないという以前の見解を再確認しましたが、政府内で論争が起こる可能性があります.. 大統領移行委員会は、ユン・ソクヨル政権の国家課題を発表し、CPTPP、IPEF、地域包括的経済連携(RCEP)などの新しい国際貿易基準を主導するマスタープランを発表した。 韓徳洙(ハン・ドクス)首相は、「韓国が脱退すれば、日本が最も利益を得るだろう」と多国間自由貿易に積極的に参加し、成長の原動力を確保する必要性を強調した。

チュ・ギョンホ経済副首相兼企画財政部長官は19日、国会予算・規則特別委員会が行った詳細な政治調査で、「そこに参加したのは事実だ。 CPTPP は、私たちが新しい貿易秩序に入るにつれて、世界経済に大きなプラスの効果をもたらすだろう.」 CPTPP への加盟過程で被害を受けるはずの水産業界への支援策が示されているが、部門間の協議過程で不一致が生じる可能性を排除することは難しい。

▲韓日漁業交渉決裂のブリーフィングⓒ聯合ニュース

チョ長官は、6年近く進展していない韓日漁業交渉を正常化する責任も負っている。 漁業交渉の展望について、趙長官は「新政府が発足したので、先を見据えなければならない」と述べた。 しかし、彼は「交渉が可能になるためには、(両国間の)理解が必要であり、それは必要であると考えているが、相手(日本)はそれほど焦っていないようだ」と述べた. 意見の相違」と彼は付け加えた。
日本の排他的経済水域 (EEZ) での漁業が禁止された漁師たちは、新政府に大きな期待を寄せています。 済州漁民協会のホン・ソクヒ会長は「生計の問題なので、(新政府が)早く出てほしい」と話した。 そうでないと(漁民は)政府に声を上げざるを得なくなる。
尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権は発足以来、伝統的な同盟国との友好協力を強化する雰囲気にある。 過去に凍結された韓国と日本の国交正常化に向けた対話の動きも注目される。 尹大統領は当選の際、日本に政治顧問団を派遣した。 韓国と日本に政治協議代表団を派遣するのは、米国に続いて2回目。 日本は10日、尹大統領の就任式に際し、岸田文雄総理大臣特使として林外務大臣を派遣し、10日に尹大統領に書簡を手交した。龍山外相は11日、2020年3月から運休していた金浦―羽田線の再開に向け、両国関係の改善に向けて協議した。

一方、日本は反中連帯IPEFの最初のメンバーとして参加した。 尹大統領は23日、日本の東京で開かれたIPEF首脳会談にビデオを通じて参加し、IPEF発足を支持し、「韓国も責任を負う」と述べた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。