少女像で韓国系アメリカ人が破門…「韓日関係は熟している」

7 月 28 日 アトランタの現大統領と前大統領の会合。 右列が李弘基(イ・ホンギ)現大統領、右隣が金百圭(キム・ベクギュ)前大統領、列の端で前を向いているのが金日鴻(キム・イルホン)前大統領. ラジオコリア提供
日本軍慰安婦の象徴である平和少女の像を米国アトランタのコリアセンターに設置する韓国人コミュニティの計画は、一部の同胞からの反対によって妨げられてきた。


アトランタ・コリアン・アメリカン・アソシエーションによると、コリアン・アメリカン・アソシエーションは先月9日(現地時間)、解放記念日にアトランタ市内のコリアン・コミュニティ・センターに少女像を設置することを正式に決定した。

しかし、朝鮮人協会のイ・ギョンソン会長は前日、記者会見を開き、解放記念日の銅像設置事業を一時中断すると発表した。

李大統領は、「先月28日に開かれた現・前大統領会議で、銅像設置に反対する幅広い意見を集める過程を経ることにした前大統領がいた」と述べた。

記者会見に同席したイ・ホンギ朝鮮人会会長は、「朝鮮人会の(少女像設置の)決定はまだ有効だ。

朝鮮人協会は、別途公聴会を開いて意見を集めると述べたが、時期については明確な答えを出すことができなかった。

28日に開かれた前・現社長会議では10人が発言。

このうち、退任する大統領を含む5人が賛成し、残りの5人が反対を表明した。

当時の出席・傍聴者の発言を総合すると、反対意見は△
過去の歴史を明らかにすることはもはや望ましくないと言われています、△それは和解と和解を害します、△米国での少女像の設置は敏感です、△韓国人は興味がありません、そして△であれば建立するためには、韓堂以外の場所に建立しなければならない。

特に反対派の中には、「韓国の政権交代後、韓日関係が成熟しているが、少女像を設置すれば冷水を浴びせられる」との声も上がった。

関係者は「少女像の設置は、韓国の歴史を後世に知らせるためだけのものであり、韓国政権とは全く関係がない」と述べた。


反対側にいたキム・イルホン元会長はCBSノーカットニュースとの電話で「会長在任中に独島のショールームを行ったが、韓国人はあまり関心を示さなかった。 「女の子はあまり教育的効果がありません. 彼らはまた文徳の像を設置するように頼みます. 私はこれらすべての要求を聞くべきですか?」, 彼は尋ねた.

続いて「韓国で解決すれば問題ない。 ただし、アメリカに定住する場合、韓国、日本、アメリカは密接な関係にあるため、アメリカとの関係も考慮する必要があります。

これに対し、プロ側のキム・ベクギュ元会長は、CBSノカットニュースとの電話取材で、「反対派は、どこかで作ったら助けてくれると言っている。 彼は、「アメリカ人は、ブルックヘブンにすでに建てられている少女像の建設のためにすべてのアメリカ人が50,000ドルを寄付したことに非常に興味を持っていますが、一部の韓国人がそれに反対しているため、悲惨です.

彼は続けて、「反対派の中で最も発言力のある人物は、今年の大統領選挙でユン・ソクヨル候補を支持した人物だ」と述べた.

一方、アトランタ韓国人協会は、2017 年にブルックヘブン公園に最初の少女像を設置した。韓国人が訪れた空間。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。