専門家「日本の防衛白書は「反撃能力」に言及し、続いて北朝鮮のミサイル挑発」

今年の防衛白書での自衛隊の「反撃能力」についての日本の最初の言及に関して、米国の専門家は、今年の北朝鮮の連続したミサイル挑発が引き金であったかもしれないと分析した。 この機会が北朝鮮のミサイルに対する日米同盟の防衛力を強化する可能性があるという意見もあった。 記者パク・スンヒョクによる報告。

日米関係の専門家であるスタンフォード大学の研究者ダニエル・スナイダー氏は、22日に防衛省が発表した「防衛白書2022」での「反撃能力」の言及は北朝鮮を対象としていると解釈した。 。

[녹취: 스나이더 연구원] 北朝鮮の発射台でミサイルが熱くなっている場合、私たちはそれが私たちに当たる前にそれを打つ権利があります。 それは自己防衛だろう。

「北朝鮮の発射台からミサイルを発射する準備が進んでいる場合、私たちにはミサイルが当たる前に当たる権利があります。これは自己防衛です。」

スナイダー氏はまた、今年上半期に北朝鮮が続けて弾道ミサイルをテストしたことが、防衛白書の起草における日本の方向性に影響を与えた可能性があると述べた。

[녹취: 스나이더 연구원] それはしばらくの間議論されてきました。 北朝鮮人がこのようなことをするたびに、それはこの議論の必要性を強めます。 それは確かに彼らの主張を助けるために特定のイデオロギーを持っている日本の特定の力によって使用されます。

日本では、「反撃能力」が以前から話題になっており、北朝鮮がミサイルなどの挑発を行うたびに、その必要性が高まっている。

特に、スナイダー氏は、北朝鮮の挑発的な行動は、彼らの主張を強化するために特定のイデオロギー勢力によって日本で使用されていたと述べた。
下線を引きます。

5月には、陸上自衛隊の戦車部隊が、東京近郊の御殿場にある東富士訓練場で実弾射撃訓練に参加しました。

日本の防衛省が22日に発行した「防衛白書2022」は、日本の自衛隊が危機的状況において彼らの「反撃能力」を再検討することができると述べた。

憲法で戦争に行けない日本が、防衛白書で「反撃」の可能性を提起したことを初めて知った。

白書は、日本の防衛政策の章で、「急速に変化するミサイル技術への対応」というタイトルで、「極超音速ホバー兵器と日本周辺の異常軌道ミサイル」について論じている。 機能を含むオプションを除外することはありません。」

「日本がミサイル攻撃を受けている場合、他の手段がない限り、敵のミサイル基地を攻撃することは自己防衛である」と彼は言い、「これは先制攻撃とは明らかに異なる」と述べた。

ペンタゴンで東アジアの上級顧問を務めた平和財団の研究者ジェームズ・ショフ・ササカワは、「反撃能力」の言及に関して、日本が北朝鮮のミサイル計画の継続的な開発に反応していると分析した。

[녹취: 쇼프 연구원] 彼らは、NKが行っていること、つまりミサイルプログラムの継続的な開発に対応しています。 NKがテストしているこれらのより珍しいまたはユニークな能力のミサイル。

北朝鮮は、珍しいまたはユニークなミサイル能力をテストしています。

事実、岸信夫防衛相は、防衛白書の序文で「北朝鮮は2022年まで弾道ミサイルを発射し続け、一方的に国際社会に対する挑発を強めている」と指摘した。

特に、防衛白書は、北朝鮮が昨年とは異なり、「極超音速ミサイル」について別のポストを作成し、「ミサイル防衛ネットワークを突破するために、極超音速ミサイル能力の開発と改善を続けている」と強調した。 「」

Schoff Schoffはまた、日本は平和憲法の下で戦争を行うことができなかったと評価したが、1人だけが攻撃した場合は反撃する意思を表明した。

[녹취: 제임스 쇼프 연구원] 日本は最初に他国を攻撃することはありませんが、すでに攻撃されており、さらなる攻撃が予想される場合は、敵の能力を抑制または低下させようとします。

日本が先に他国を攻撃することはないという説明ですが、日本が先に攻撃され、追加の攻撃が予想される場合、敵に圧力をかけたり、攻撃能力を弱めたりしようとします。

しかし、岸田首相の発言を「反撃能力」と引用した日本の防衛白書は、「国防省が直接話すより安全だからだろう」と解釈された。

5月、日本の東京近郊の御殿場にある東富士訓練場で行われた陸上自衛隊の機動演習のために、V-22垂直離着陸ヘリコプターが動員された。

5月には御殿場市東富士訓練場で行われた陸上自衛隊の機動演習にV-22垂直離着陸ヘリコプターが動員された。

英国の国際戦略研究所(IISS)で日米関係を研究している越野結花研究員は、VOAの質問に答えた。日本の平和政策?憲法と再軍備?」 「同社の反撃能力は本質的に合法であり、主な目的はミサイル攻撃を阻止することであるため、憲法を改正する必要はない」と彼は宣言した。

[고시노 유카 연구원] 日本の反撃能力への配慮は本質的に防御的であり、主な目的はミサイル攻撃を阻止することです。 したがって、憲法を改正する必要はありません。

しかし、日本が2013年以来初めて安全保障戦略を改訂し、2018年以来初めて防衛計画を改訂することが期待されるとき、そのような話し合いは非常に重要であると彼は言った。

[고시노 유카 연구원] これは新しい議論ではありませんが、2013年以来初めて国家安全保障戦略と2018年以来の国防計画のガイドラインを改訂するため、タイミングは重要でした。

この機会が北朝鮮のミサイルに対する日米同盟の防衛力を強化する可能性があるという意見もあった。

元東アジア太平洋国務次官補のジェームズ・ズムウォルト氏は、日米同盟の構造に日本の「反撃能力」を組み込むことに米国は反対しないだろうと述べた。

[녹취: 줌월트 전 부차관보] この能力が同盟構造に組み込まれている限り、私たちはそれに反対しません。 ご存知のように、韓国には反撃能力があるので、日本に限ったことではありません。

元次官補代理のズムウォルトは、韓国にもミサイルの反撃能力があると述べたが、これは日本に限ったことではないと彼は言う。

スナイダー氏は、米国、韓国、日本がミサイル防衛システムの統合について話し合うことができると述べた。

[녹취: 스나이더 연구원] これは、ミサイル防衛と拡張防衛、そして統合の可能性について、日本、韓国、米国の間で三国間対話と協議の必要性を本当に求めています。

現在の状況は、米国、韓国、日本がミサイル防衛の拡大とシステムの潜在的な統合について議論するために対話と三国間協議を必要としているということです。

一方、今年の日本の防衛白書は、北朝鮮と中国を地域の脅威として挙げており、両国は「侵略者」であるロシアと密接に結びついていることを強調している。

特に、北朝鮮がロシアのウクライナ侵攻を脅かしていることを指摘し、その原因は米国と西側諸国であると主張した。

VOANewsのParkSeung-hyukです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。