安倍首相の死後、旧世界平和統一家庭連合との政界と関係が再浮上した

新着
安倍晋三元首相の射殺後、日本の政治と世界平和統一家族連盟(旧統一教会)との関係に注目が集まっている。


旧統一教会は、自民党や特定の野党と「反共産主義」のイデオロギーでつながりを作ったと分析されている。

読売新聞や朝日新聞などの日本のメディアによると、27日、安倍前首相を暗殺した山上哲也氏は、母親が資産を前首相に寄付することで財政難に苦しんでいるという犯罪の動機を述べた。統一教会。

彼は元統一教会の韓鶴子大統領に襲われることを目指していたが、アクセスが容易ではなかったため、ターゲットを安倍前首相に変更し、祝辞のビデオメッセージをイベントに送った。

それ以来、旧世界平和統一家庭連合と政界との関係への関心が日本に流れてきました。

日刊ゲンダイは、鈴木八人の記者が確保したデータに基づいて、旧統一教会に関係する日本の議員が112人いたと報告した。

与党である自民党が最大の議員であり、衆議院議員(上院議員)が20名、衆議院議員(LDP)が78名であった。 野党△立憲民主党の党員6人、維新の会の党員5人、人民民主党の党員2人もリストに載っていた。 閣僚と党役員の中の衆議院の34人のメンバーもリストされました。

彼らのほとんどは、旧統一教会に関連するイベントに出席したり、祝辞を送ったり、統一教会、世界日報、ワシントンタイムズに所属する記者にインタビューを行ったりしました。 また、旧統一教会に関連する組織からの寄付も受けました。

参議院議員の安倍前首相秘書を務めた井上義之氏は旧統一教会の会員であり、旧統一教会は全国で10万票を獲得したが、比例代表に立候補した井上議員、元統一教会の関係者によると、165,000票を獲得した。

井上議員は自由党の書記であり、党の第2位である。 彼らは党の資金と選挙を提案する権利を持っています。

自民党とは組織的な関係がないことを確認した」と述べ、旧統一家庭連合と一線を画した。


一方、自民党内の安倍派閥の末松信介衆議院議員は、元統一家庭連合の役人が党の政治資金の権利を購入したと述べた。 2020年と2021年には4万円(約38万ウォン)の価値がある。

安倍晋三前首相の弟である日本の防衛大臣ジニ係数もまた、選挙で元統一主義者からの援助を受けたことを認めた。

読売新聞は、旧統一家庭連合について、「1968年、「知られている」反共産主義(反共産主義)の政党である国際勝利連立を発足させた」と述べた。

主な野党立憲民主党の泉健太議員も、旧統一教会に関連する集会にいくつかの党のメンバーが祝辞を送ったと述べた。 人民民主党の玉木雄一郎会長は、2016年に世界日報の前会長から3万円(約29万ウォン)の寄付を受け取ったと語った。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。