安倍首相の射殺をきっかけにした自民党の新議席の過半数は…公平性を支持

「安倍首相の死をきっかけに自民党に投票した例は少ない」と語った。
自由民主党は8議席から119議席を獲得…全議席のほぼ過半数

与党自民党は10日行われた参議院選挙で地滑り勝利を収めた。

アナリストは、選挙の2日前に選挙運動中に安倍晋三前首相が死亡したことが世論に影響を与えたと述べている。

NHKなど日本のメディアの集計によると、与党は63議席を獲得し、今回は125議席の半分以上を獲得した。

今回は期末55議席でしたが、8議席増加しました。

選挙が迫っていた当時、日本の主流メディアが期待していた自民党議席数の上限に近かった。

朝日新聞は56〜65席、読売新聞は55〜65席、共同通信は60席でした。

特に、自民党は、国の32の小選挙区のうち28で勝利し、最も多くの票を獲得した1人だけが選出されました。

自民党のプロパガンダのおかげで、自民党とコンミョン党を合わせて与党の議席が139議席から14議席に増えた。

これは70議席(自民党56議席とコンミョン党14議席)の組み合わせであり、残り約3年で政権を握っている。

衆議院の任期は6年で、選挙は3年ごとに議席の半分を再選することによって行われます。

自民党は下院の248議席のほぼ半分である119議席を獲得した。

日本社会に衝撃を与えた安倍前首相の銃撃と死は、自民党の最高の勝利に大きな影響を与えたようだ。

安倍首相の射殺後の新自民党議席の過半数..."公平性をサポートする"

岸田首相は、この事件を民主主義の根幹である選挙中に行われる「卑劣な残虐行為」と定義し、「自由で公正な選挙を擁護しなければならない」とのメッセージを出した。

今回の選挙の投票率は52.05%(共同通信)で、2016年の参議院選挙(54.70%)から6年ぶりに50%を超えました。

これは、3年前の参議院選挙の投票率(48.80%)から3.25パーセントポイントの増加であり、これは歴史上2番目に低いものでした。

読売新聞は11日、投票率の上昇を分析し、「街頭演説で安倍前首相が射殺された事件は、選挙への関心を高めた可能性がある。民主主義の重要性など」と述べた。

安倍首相の射殺後の新自民党議席の過半数..."公平性をサポートする"

朝日新聞は、出口調査でのPR投票傾向を分析した結果、自民党も無党派の有権者から支持を得ていることがわかったと報じた。

フジニュースネットワーク(FNN)は、安倍晋三前首相の暗殺後、自民党に投票した人はあまりいないと報じた。[vote]日本の復興のための野党保守党に、しかし[voté ]PLDで。

安倍首相が亡くなったからだ」と語った。

毎日新聞によると、福田達夫自民党幹事長は10日午後、東京FMに出頭し、安倍前首相の死の影響について、「わからないが、有権者はそれも含めて、冷静に判断した」と語った。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。