安倍暗殺後…自民党と統一教会の秘密の関係が次々と明らかに

全体像を見る

7月12日、東京都千代田区の国会議事堂で、選挙戦中に射殺された安倍晋三元首相の葬儀で国旗が掲げられた.
ⓒ 聯合ニュース

関連写真を見る

日本の右翼勢力の象徴である安倍晋三元首相の暗殺事件(7月8日)以降、自民党を中心とする日本の保守政界と統一教会との密接な関係が交互に明らかになった。 最近、ほとんどのマスコミは、統一教会に関連する政治家に関する記事を掲載していません。 最後に、7月31日、自民党の岸田文雄首相は沈黙を破り、統一教会に関連する議員が前に出て、敬意を表して説明することが重要であると述べた.

日本政府、政治家、メディアは、安倍首相の暗殺が起きた時でさえ、「右翼政党と統一教会との秘密の関係」を明らかにしようとしなかった。 著者は、捜査の過程で統一教会が事件の背後にあると述べたが、統一教会の名前を「組織固有の宗教」という用語で隠蔽しようとした.

しかし、日本でも権力者の発言や主流メディアの収穫が終わったときに真実を隠すことができる時代は終わりました. 今回、警察はそれが「特定の宗教団体」であると説明し、主流メディアもそれに続いたが、この試みは2、3日続きませんでした. 特に、1960 年代後半から統一教会と密接な関係を築いてきた自民党は当初、厳格な禁止令を発し、統一教会が表面に現れるのを積極的に防ごうとしました。 しかし、統一教会の名前は、自民党が掌握していない週刊誌やインターネットメディアに流出したため、政治家もメディアも統一教会の名前を隠すことができませんでした。

日本の政治の醜い側面が明らかに

全体像を見る
日本の岸田文夫首相は先月8日、東京の首相官邸で記者会見を行った。

日本の岸田文夫首相は先月8日、東京の首相官邸で記者会見を行った。
ⓒ AP = 聯合ニュース

関連写真を見る

公式には、7月11日に「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)が記者会見で殺人犯の母親が統一教会の信者であると発表したとき、ほとんどすべてのメディアがそれを「元世界平和統一教会」と呼んだ。統一教会」。 一部の宗教団体による「教会」は書き直され始めました。 それ以来、連日、政治家と統一教会との関係が緊密であるという報道が殺到している。

統一教会は、イエスの再臨を自称する文鮮明(1920~2012)によって1954年に設立されました。 日本では1964年に教団として認可され、本格的に広まり始めました。 1968年、日本の左翼学生の闘争が激化したとき、彼らは彼らに対抗する組織として、日本の右翼の巨人、岸信介、小玉義男、笹川良一らと協力して国際勝利連盟を結成しました。 日本の右派と統一教会との大規模な接触は初めて。 しかし、1989 年のベルリンの壁の崩壊と冷戦の終結に伴い、反共主義の関係は次第に弱まりました。

1980年代以降、統一教会は、財産の売却や大規模な合同結婚が政治に関係する仕事から社会問題になるにつれて、大きな注目を集めました. 霊界で苦しむ先祖を救うためには物を買わなければならないという印鑑や壷、数珠などを高値で売る商法。 全国感動商法対策弁護士連絡会によると、統一教会が起こした商法対策事件は過去30年間だけで3万4537件、1237億円に上る。

1990 年代後半以降、感動商法に対する世論が高まり、オウム真理教事件のショックで、連立の顕著な政治活動は明るみに出ませんでした。 しかし、宗教専門家によると、その時でさえ、彼らは右翼の国際連盟で訓練を受けた自民党のスンゴン政治家と深い関係を維持していた.

島薗進・元日本宗教協会会長(東大名誉教授)は7月31日の朝日新聞のインタビューで、2010年に公明党・民党連立政権が安定・相互利用の時代に入ったと分析。統一教会との関係回復。 . 統一教会から組織と資金を受け取る代わりに、統一教会は政治家からの支援を利用して教会を拡大しました。

特に統一教会は、保守的な価値観を共有する右翼政治家の選挙運動メンバーとして熱心な信者を送り込むことで、選挙を積極的に支持することを躊躇しません。 選挙制度が政党が非常に少ない票で分かれる小さな選挙制度になるにつれて、組織的な召集力を持つ宗教団体の政治的利用の価値はさらに高まった. .

この点で、安倍首相の暗殺は、逆説的に、「疑似宗教と政治の間の取引」である日本の政治の邪悪で醜い側面を明らかにする引き金となる. また、統一教会に対する世論は非常に悪いので、統一教会と自民党右派議員との深い関係を暴露することは、自民党にとって打撃となるだろう。 このため、そもそも自民党が統一教会に関する大統領令を出したのかもしれません。

これまでに統一教会とのつながりが確認されている退任閣僚だけを見ると、萩生田光一経済産業大臣、岸信夫安倍の弟で防衛大臣、末松晋輔文部大臣がいる。 、スポーツ、科学技術、および国家安全保障会議の議長である二の湯聡。 また、元大臣や元議員の中には、安倍グループなど二桁以上の議員の名前が出る。 日本維新の会も13人(総会員数)が関与したとの独自調査を発表し、国民民主党と立憲民主党の野党議員の名前も挙がっているが、入手は容易ではないPLDの議員が圧倒的な数を代表しているため、濡れています。

自民党右派議員と統一教会の同盟関係を明らかにする報道がいつまで続くのか、また、この事実が日本の政治にどの程度の影響を与えるのか、予測することは不可能です。 しかし、統一教会と自民党員の連立が露呈すればするほど、自民党はますます困難になることは間違いない。 岸首相が自民党の対応や関係議員の個別説明の重要性に言及しなかったのは、この問題が党内に広がらないようにするための「尻切り」とみられる。

犯人のせん妄? 「精神鑑定」を求めた検事

 

全体像を見る
日本の安倍晋三元首相を射殺した山上哲也容疑者が先月10日朝、日本の西奈良警察署の検察に出頭した。

日本の安倍晋三元首相を射殺した山上哲也容疑者が先月10日朝、日本の西奈良警察署の検察に出頭した。
ⓒ 聯合ニュース

関連写真を見る


統一教会と自民党の連立政権が進展する過程で、今後最も注目されるのは、安倍首相の暗殺者・山上哲也氏の裁判だ。 裁判は、安倍暗殺と統一教会の関係をより公に、そして明確に明らかにするからです。

この点に関して、批判的な日本の哲学者である内田達は、PLDと政権が暗殺者を精神病として完全に拒絶し、彼が法廷に出廷するのを妨げるだろうと予測した. 日本の雑誌のインタビューで 7月25日、彼は、「政府と自民党は、統一教会と自民党との関係は事件とは何の関係もないと言っている。犯人は妄想的で精神的だった」と述べた.もうメディアの前に出られないように精神病院に入れるべきだ」と語った。 「とにかく、裁判のない『刑務所や病院での自殺』の話はあなたにとって最も望ましい展開になるだろうが、私のような人々がそのようなシナリオについて話すので、それは難しいだろう.

これに関連して、7月29日、日本の司法は、最近の暗殺者山上に対する検察の精神鑑定を受け入れた. その結果、山上容疑者は大阪拘置所に移送され、11月29日までの4か月間の精神鑑定を受けた。 もちろん、この間メディアへの露出はありません。

安倍暗殺を契機に、日本の政治は今や「安倍賛美派」対「安倍批判派」、対日「統一教会連合」の勢力争いの局面に入ったと言える。 この戦いの勝敗によって、日本の政治の方向性は大きく変わる。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。