安倍暗殺と「統一橋の門」…日本の憲法改正はどこへ向かうのか


安倍晋三元首相が暗殺された後、日本の政治は混乱に陥った。 この事件によって明らかになった日本の長年にわたる病状は、予想よりも深刻であり、その結果は長続きする. 主流の日本企業は、この事件を出来事として終結させようとしました。 容疑者は、背後にいた安倍首相を標的に、統一教会への巨額の寄付で破壊された家庭環境について語ったが、警察は統一教会の存在については「宗教団体」とだけ言及し、沈黙を守ったという。 、また安倍との関係を偽って伝えた。 事件後数日間、マスコミは報道せずに警察からの発表だけを受け、社会不適応元自衛隊員による偶発的犯罪として事件を報道した。 .

しかし、日本の一般大衆はこれを真剣な目で見ています。 事件後、放送局主催の安倍特番の視聴率は底を打ったものの、例年通りのラインナップを維持した放送局だけが高視聴率を記録するなど、国民的人気は蜃気楼に過ぎなかったのではないかと疑う声も上がっている。 その後、統一教会の存在が確認され、公に言及できる環境になると、放送局は統一教会と自民党の関係を掘り下げて連日報道するようになった。 すでに公然の秘密だった統一教会・安倍首相とそれを取り巻く自民党議員との関係が明らかになり、その関係の広さと深さに日本社会は驚愕する。 最終的に、自民党最大派閥の指導者として、安倍首相は必要に応じて統一教会の票を分配したとさえ証言した. この事件は安倍首相に浸透し、日本社会の心を動かした。

▲ 安倍晋三元首相が射殺された奈良市大和祭台地区の近くに置かれた追悼の花束と日の丸。 ⓒロイター=聯合ニュース

統一教会と日本の自民党との同盟の歴史は、安倍首相の外祖父で元首相の岸信介の時代にさかのぼる。 統一教会の指導者である岸と文鮮明は、戦後の右翼の巨人である佐坂良一、佐坂良一、児玉義雄らによって取りまとめられたことが知られている。 当時、日本では社会党や共産党が一定の影響力を持ち、イノベーションに関わる学生運動や社会運動が盛んに展開されていたのに対し、韓国では勝敗が国家のイデオロギーであり、反共を超えていた。 韓国にとって、日本の進歩的なイノベーション運動は非常に危険に見え、日本の右派にとっては、韓国の反共政権は非常に信頼できるものに見えました。 1965年に日韓が国交正常化した後、日本に反共陣営を設立する任務を負っていた人々に連帯の理由が当然与えられた。 日本では、統一教会が1964年に反共右翼青年団体として全国大学協会原則研究会として、1968年には反共組織である国際勝利連盟として設立された。

ソ連崩壊に伴う冷戦終結時、主敵を失った日本の反共勢力が再編され、北朝鮮問題と中国問題が二本柱となった。 日本人拉致問題への急進的な対応を通じて政治的最前線に出た安倍首相は、北朝鮮の発展という文脈において自由主義的な国際秩序の擁護者であると主張することにより、国際舞台での日本の存在感を高めるために努力してきた. 核ミサイルと中国の台頭。 統一教会は、憲法改正に向けて安定した長期政権を必要とする安倍首相に働きかけ、共生関係を築いた。 長期にわたる統治が行われるにつれ、共生関係が強化され、安倍と彼の周りの人々はもはや彼らの行動に揺らぐことはありませんでした. 最終的に、安倍首相と自民党議員が統一教会関連のイベントに出席している間にリーダーを称賛する映像が統一教会関連のメディアに流出し、殺人容疑者の注目を集めました.

事件以前から陰謀論として片付けられていた、日本を駆り立てる「闇の勢力」の存在が、今、次々と明らかになりつつある。 特に、ウクライナ問題は最近、このネットワークの一端に潜んでいます。 『昇公団』、『世界日報』などの統一教会系メディアや右翼系メディアなど 極右の反朝鮮団体で有名なDHCが作成した . 右派保守系雑誌のオンライン版にウクライナ人の名前で掲載された記事 「韓国は地理的に本土リベラル陣営の軍事基地であり、朝鮮海峡・対馬海峡をうまく制圧するためには、朝鮮半島南部を制圧することが不可欠である」と主張した。文在寅(ムン・ジェイン)政権は国際法に違反していると主張し、朝鮮半島の和平プロセスに常に反対してきた「サンケイセイロン」グループの軌跡と、彼女の北朝鮮との和解の道が一緒に行われているヒョンヘタンに停戦ラインが下りました。現在、日本におけるウクライナ支援を最も強く訴えている人々の偏ったメディア活動は、侵略ロシアに抵抗するウクライナ人の誠実さを疑うと同時に、それを利用して憲法改正を実行しようとする日本の保守右派の意図を示している。 .

しかし、安倍首相の死去により、改憲の動きは一時的に止まったようだ。 安倍首相の死は、衆議院選挙の風に吹かれただけで、改憲の原動力にはなりませんでした。 岸田文雄首相は、衆議院で改憲派が3分の2議席を獲得した選挙結果を確認し、改憲国を率いる意向を表明した。 可能かどうかではなく、時間がかかることを意味します。

ウクライナ戦争中の憲法記念日に実施された世論調査によると、日本人は憲法改正に消極的だ。 日米同盟が強化され、日本がウクライナ戦争に深く関与するようになるにつれて、同盟のジレンマが人々の間で働いており、放棄されるのではなく、関与するリスクに対応しています。 今回の選挙で議席を失った与党・共明党も、改憲の際に存在感を確認する「胡椒粉」の役割を担うとほのめかしている。 とはいえ、憲法改正のロードマップは当面、日本の政治の最前線にあるはずだ。 実際、岸田首相は、PLD 内のリベラルな立場で伝統的に改憲に慎重な派閥の出身であっても、改憲の意志を再確認している。 安倍首相の死去で求心力を失った安倍派をなだめ、長期政権への道筋をつけるためにも、改憲旗は下げない。 国歌についての議論が浮上したのは、この文脈で理解できる。

改憲論議の出発点は、今年改正される国防関連文書の3つ、いわゆる国家安保戦略、国防総合計画、中期国防力改善計画だ。 具体的には、防御コストの増加と敵の基地を攻撃する能力の問題を中心に開発されます。 しかし、この議論と最終目的地としての憲法改正の問題は、日本に限ったことではありません。 現在の韓日関係の基礎となっている1998年韓日共同声明の精神を見れば、韓国が日本の憲法改正の立場を確認したことは、内政干渉ではないことが分かる。 実際、共同声明で確認された「過去を直視し、未来を見据える」という原則は、韓国と日本の平和と民主主義に対する共通の理解に基づいて確立されたものです。 共同声明の中で、日本は韓国の民主的発展を歓迎し、韓国は戦後、平和憲法の下での全面的防衛と非核の三原則を支持することにより、国際社会への平和的貢献を高く評価した。 この友好関係に基づき、両国は過去の問題を前向きに解決できることを確認しました。 この前提が崩れれば、韓日関係の根本的な価値を日本人と再確認せざるを得ない。 政府と基盤を復元します。 ユン・ソクヨル大統領とパク・ジン外相は、ユン・ソクヨル政権が主張する金大中・小渕共同声明の基本精神を理解しているのか。 もしそうなら、私たちの日本との外交は今、大きく変わらなければなりません。

この記事の購読料を支払いたいです。

+1,000ウォン追加

+10,000ウォン追加

-1,000ウォン追加

– 10,000ウォン追加

一部のインターネット環境では決済が正しく行われない場合があります。
kb国民銀行343601-04-082252 [예금주 프레시안협동조합(후원금)]口座振替も可能です。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。