安倍前首相の死と「慰安婦」の犠牲者

日本の安倍晋三前首相は、2022年7月8日の奈良市奈良市大和貞台の佐藤啓議員を支持するキャンペーン中に、第26回日本の代表者の家業選挙のために話していました。彼は撃たれました。山上哲也67歳。

暗殺された安倍前首相の死後の韓国と中国の人々の感情は幾分複雑に絡み合っている。 安倍晋三前首相は就任以来、同盟国が平等な主権を享受するのではなく、韓国を東アジアの国際秩序において自国より劣る素晴らしい国として扱う傾向を常に示してきた。

文在寅前大統領は、政権を握っている間、二度と日本に負けることはないと言うなど、日本に対して厳しい姿勢を示してきた。 特に、日本の首相官邸が直接決定したと思われる韓国への経済対策が、二国間関係の悪化に決定的な役割を果たした。

安倍晋三前首相は在任中、第二次世界大戦の戦争犯罪者が祀られている靖国神社を訪れ、「慰安婦」日本軍の犠牲者の歴史を否定し、一方的に輸出を制限し、韓国の正義を否定した。 システム。 また、安重根は伊藤博文を殺害した罪で死刑を宣告された(刑事)人物であり、「慰安婦」の犠牲者に謝罪の手紙を送るつもりはなく、「慰安婦」は作り話です。彼は、それが根拠のない蹂躙であったと言って、日本の侵略の歴史を完全に否定しました。

知られているように、1991年8月に金学順は「慰安婦」の犠牲者として彼の最初の証言をしました、そしてそれ以来、何人かの犠牲者は「慰安婦」システムの現実で日本人を非難しました。 1992年、日本の歴史家吉見義明が防衛省防衛研究所の図書館で発見された文書を発表したとき、日本はもはや「慰安婦」の問題が「日本軍とは関係がない」ことを否定できなかった。

しぶしぶ、日本政府が日本軍の「慰安婦」を公式に認めたのは、軍の関与と強制を認めた1993年の河野宣言である。 それは「慰安婦調査結果発表に関する内閣官房長官の声明」、すなわち河野の声明だった。 河野演説は形式的で不十分ですが、「慰安婦」の記述は日本の歴史教科書に含まれています。

しかし、安倍晋三前首相は、「慰安婦」の動員の必要性を認めた河野宣言の改正運動について、韓国や中国政府だけでなく、日本の歴史学界からも強く批判された。 安倍首相は、日本軍による「慰安婦」の動員の過程で強制追放はないと繰り返し主張した。

彼は、日本軍が戦争中にオランダ人女性を強制的に慰安婦に連れて行ったことを示すクラスBおよびCの戦争犯罪裁判(別名「バタビア裁判記録」)のデータが2013年に公開されたことを確認しました。文書が入手されていた。 と日本の法務省によって報告されましたが、安倍首相は彼の要求に応じて後退しませんでした。 安倍前首相はまた、人権問題として日本軍の「慰安婦」問題が国際的に注目されていた時期に犠牲者の苦しみに言及した。

安倍前首相は、2015年の韓国との「慰安婦」協定を通じて多くの女性の名誉と尊厳を大きく傷つけたことを認めたが、日本はしばしば「慰安婦」の強制徴用や性的奴隷制に反論した。 安倍首相は、2021年5月26日に発行された右翼日本月刊花田の最新(7月)号へのインタビューで、「慰安婦の強制退去を裏付けるデータはない」という質問に答えた。 「彼はカップを韓国で満たすのに十分な忍耐力を持たなければならなかった。それは韓国側も言われたことだ」と彼は言った。

このように、安倍首相は、河野宣言の継承を表明しつつ、河野宣言で認められた強制を中和する政策を推進した。 日本政府の「責任」を認め、政府予算から10億円を割り当てることに合意した、2015年の日本軍の「慰安婦」の犠牲者「慰安婦」の問題に関する2015年の日韓合意は対立した。このような安倍首相の認識で安倍政権の支持基盤を強化し、保守派からの批判を呼んだ。 安倍前首相の既存の認識を変えない政治的合意の結果、「日韓合意」は誰も満足できない結果を達成した。

その結果、安倍首相は以前よりも厳しい政策を実施した。 安倍前首相は、再交渉と再交渉が終わるまで、韓国が主張した「慰安婦問題日協定」を修正しなかった。 したがって、河野氏のスピーチでは、内容を抽象的に扱うことで、慰安婦が何を意味し、実際の状況がどのようなものであったかはまだ明らかにされていませんでした。 安倍前首相の死をどのように記念するか。

補遺| この記事は、大田忠南人権連帯ニュースレターにも掲載されています。 これは忠南国立大学のヘリム・ヘリム教授による、大田の忠南人権連帯によって書かれた寄稿です。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。