安倍は容疑者を撃ちます:「私は安倍に不満を持っていて、彼を殺そうとしました」










日本の奈良県奈良市で安倍晋三前首相に発砲した容疑者は、8日に警備員によって抑圧されています。APニュース

日本の奈良県奈良市で安倍晋三前首相に発砲した容疑者は、8日に警備員によって抑圧されています。APニュース

[파이낸셜뉴스] 安倍晋三前首相を8日に日本で射殺した容疑者は、安倍晋三氏を殺害するつもりだったと自白した。 日本政府は、安倍首相の健康状態は危機的状況にあると述べた。

NHKなどの報道によると、同日奈良で殺人未遂で逮捕された山上哲也さん(41)は、警察の捜査で犯行の動機を明らかにした。 「私は安倍に不満を持っていて、彼を殺そうとした」と彼は言った。

その日、安倍首相は奈良県奈良市で10日に行われる参議院選挙に先立って選挙運動を行っていた。 目撃者によると、午前11時半ごろ、奈良県在住の山上容疑者が安倍首相に発砲した。 犯罪で使用された銃器は自家製の銃器として知られており、容疑者は2005年までの3年間、日本の海上自衛隊に勤務していました。

同日午後1時半、日本の消防士は、安倍首相がまだ心肺停止状態にあり、右鎖骨に銃創を負ったと述べた。 同時に、左胸部に皮下出血が確認された。

日本の岸田文雄首相は、安倍首相の状況は「深刻で、応急処置が進行中である」と述べた。 岸田文雄首相は、首相官邸の記者会見で、「この犯罪の背景はよくわからなかったが、選挙中に行われた民主主義の根幹をなす悪質で野蛮な行為だった」と述べた。 将来の政治情勢については、「緊急事態や救助事態における将来の政治的方向性についてコメントするべきではないと思うし、そうも思わない」と述べた。

レポーターパクジョンウォン、pjw @ fnnews.com








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です