女子サッカー東アジアカップ、台湾が40勝…日本は2回連続トーナメントで敗れ、合計2回

イ・ミンア、カン・チェリム、コ・ミンジョンのスコア…3位フィニッシュ
日本と中国は無得点を引きます…全体で4番目の勝利

韓国の女子サッカーチームは、東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップ2022(東アジアカップ)の最終戦で台湾との初勝利を収めました。

コリン・ベル監督率いる韓国は、台湾との前回の試合でのゴールの後、イ・ミンア、カン・チェリム(現代製鉄)、コ・ミンジョン(昌寧WFC)のリレーゴールで4-0で勝利した。 26日に茨城県立カシマスタジアムで優勝。

1勝1引き分け1敗(4ポイント)を記録した韓国は3位でトーナメントを終えた。

開催国の日本は2勝1引き分け(7ポイント)でトーナメント4勝2連敗、中国は1勝2引き分け(5ポイント)で2位に終わった。

3試合すべてを失った台湾は、ポイントなしで最下位のままでした。

その日、韓国はチェ・ユリ(現代製鉄)とカン・チェリムを前に置き、ジ・ソヨン(水原FC)、イ・ミンア、イ・ヨンジュ(マドリッドCFF)が彼らをサポートした。

また、ホン・ヘジ、リム・ソンジュ、キム・ヘリ(現代製鉄)がディフェンス、チャン・スルギ(現代製鉄)、チュ・ヒョジュ(水原FC)が左右に出場した。羽。

ゴールキーパーはユン・ヨングル(独立)だった。

女子サッカー、台湾は東アジアカップで4-0で敗れました...日本は2回連続でトーナメントに勝ちました(合計2回)

前半の早い段階でリードを奪った韓国は、キム・ヘリが最初の2分間にジ・ソヨンがドライブしたジ・ソヨンとヘリからのミッドレンジショットで台湾のゴールを脅かしたため、激しい攻撃を試みた。キムは9分にコーナーを獲得。

前半11分、イム・ソンジュがフリーキックで台湾のGKと衝突し、キム・ユンジ(水原FC)が交代した。

前半23分、コーナーからのヘディングシュートなど、代役を務めたキム・ユンジが活躍。

最初のゴールは35分に来ました。

ジ・ソヨンからパスを受けたチャン・スルギが左サイドを突破してクロスし、イ・ミンアと対戦していた台湾のDFチャン・ジランの足にボールが当たった。対戦相手のオウンゴールで得点。

このゴールは、放送局や大韓サッカー協会のSNSからイ・ミンアのゴールとして報告されたが、試合後の公式試合報告ではチャン・ジランのオウンゴールとして記録された。

女子サッカー、台湾は東アジアカップで4-0で敗れました...日本は2回連続でトーナメントに勝ちました(合計2回)

38分、チェ・ユリが右サイドからクロスを蹴り、カン・チェリムがゴールエリアに突入し、右足で方向を変えて2-0とした。

前半40分、イ・ミンアはジ・ソヨンの敏感なペネトレーションパスを受け取り、右足でディフェンダーを破って追加ゴールを決めた。

後半の初めに、ジ・ソヨンが相手に蹴られたボールに取って代わられ、ゲームはやや緩慢な状態を示した。

後半34分、韓国はイ・ヨンジュ、チュ・ヒョジュ、チェ・ユリを排除し、パク・ウンソン(ソウル市庁)、コ・ミンジョン(昌寧WFC)、チャン・ユビンに代わった。 (ソウル市庁)。

後半、カン・チェリムのクロスが高旼廷に先制され、延長戦で追加ゴールを決め、4ゴールで勝利を終えた。

女子サッカー、台湾は東アジアカップで4-0で敗れました...日本は2回連続でトーナメントに勝ちました(合計2回)

その後、相手のキーパーがボールを逃したチャン・スルギが前に出たが、空中に浮いた。

この勝利で、韓国(FIFAで18位)は、2000年以来14勝、2引き分け、40位台湾に対して4敗、14連勝を記録しました。

韓国はこのトーナメントで最初のスコアレスゲームを行い、台湾は中国に0-2、日本に1-4で敗れた後、最後のゲームに敗れました。

その後の試合では、中国側からの絶え間ない行動にもかかわらず、日本はゴールを開くことができなかったため、引き分けに落ち着かなければなりませんでした。

日本にとって、植木理子の左足のミッドレンジショットが後半の6分にクロスバーに当たったのは残念でした。

/yunhapニュース

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。