外国人の入国禁止が2月まで延長…留学生とその家族は一部緩和

日本の岸田文夫内閣は、外国人の入国禁止を2月末まで延長する予定です。 しかし、一部からの批判を受けて、外国人家族や留学生については例外が検討されています。

共同通信や時事通信などの日本のマスコミは11日、岸田事務所が入国禁止の原則を新たな外国人にも拡大することを検討していると複数の関係者の話として報じた。 報道を合わせると、岸田内閣は延長期間を1月末、2月末、3月末の3案で検討していることが分かり、2月末までの延長が大いに議論されていることがわかる。

 

6月4日、三重県の伊勢神宮で年末記者会見を行う岸田文夫首相。 [사진=AP·연합뉴스]

この措置は、コロナ19オミクロン変異ウイルス(B.1.1.529)の国内への感染者の流入を防ぐための「水ぎわ対策」の一環として、昨年11月30日に実施されました。 岸田首相は当初、1カ月の実施を表明していたが、昨年12月21日の記者会見で「とりあえず延長する」と発言し、事実上無期限延長を暗示した。

その後、9日にはフジテレビに出演し、「オミクロンの実態が十分に明らかにされていないため、細心の注意を払って対応していく」と、再び拡大延長の決定を示唆した。 当時、日本のマスコミは、岸田内閣が年末に成人の祝日(1月8日から10日)に関する公式発表を行うことを期待していた.

しかし、自国ではすでにオミクロン地域の感染が本格化していることから、対策の有効性に懐疑的な見方も専門家から指摘されています。


実際、8日と9日には2日連続で8,000人の新規感染者が確認され、パンデミックの第6波が始まりました。 日本の公共放送であるNHKによると、前日10日、東京での新たな感染者871人を含む、全国で合計6,438人の新しい陽性感染者が確認されました。 ただ、この日は土日のため検査数が少ない月曜日であり、多数派の連休も入っていたため、この後また新たな感染者が増えることが予想されます。

また、この措置は留学生や外国人家族に不当な負担を強いるとの批判もあり、農業や産業分野への外国人労働者の参入を阻むなど、国内の人手不足への懸念が根強く残っています。 それは、益よりも害の方が大きい措置です。

その結果、岸田内閣でも、人道的配慮が必要な例外的な場合に新規入国を許可する案を検討していると共同通信は付け加えた。 報道によると、ターゲットは日本人や留学生の外国人家族。 さらに、岸田首相が11日に対策案を発表する、とも付け加えた。


©「5 つの言語で表示されるグローバル経済日報」アジュ経済日報。 無断転載・再配布禁止

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。