外務省は、10年間の休止の後、韓国と日本の間のシャトル外交を回復しました…保留中の解決策の迅速かつ包括的な準備

大統領の報告…「自由民主主義の価値観に基づく外交、中国とのハイレベルな戦略的コミュニケーションの強化」

政府は、10年以上中断されてきた日本との通常のシャトル外交を回復することを目指して、韓国と日本の間の未解決の問題の解決策をできるだけ早く見つけることを発表した。

来月の韓中外相会議をはじめ、中国との高度な戦略的コミュニケーションを活性化するとともに、韓国と米国の間の主要分野における経済と安全保障のチャネルを強化する計画である。

朴仁外相は21日午後、ソウル龍山(ヨンサン)大統領府の尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領に、近隣諸国の主要な問題と外交戦略について約2時間半報告した。

報告書に加えて、下半期の首脳会談のタイミングについても集中的に議論が行われた。

外務省は、4つの主要な外交課題を「自由民主主義と共通の利益の価値に基づく東アジア外交の発展」と定義し、「自由、民主主義、人間の普遍的価値の国際連帯を導く」と発表した。権利と法の支配。

◇パク・ジン氏の訪日結果を報告…「来月の解決策発見に向けた取り組み」
朴首相は18日と20日に就任して以来、初めて訪日したユン大統領に詳細な報告を行った。

外務省 "韓国と日本の間のシャトル外交は10年の休止の後に再開します...未解決の問題に対する解決策の迅速な準備"(合成)

朴大臣は、報告後のブリーフィングで、「政府は、10年以上にわたって異常に混乱してきた高レベルのシャトル外交の再構築を目指している」と述べた。 今後も頑張っていきます」と語った。

そのために、外務省の高官は、高レベルのコミュニケーションと仕事をスピードアップすると述べた。

李明博(イ・ミョンバク)大統領が京都で日本の野田義彦首相と会談した後、2011年12月に韓国と日本の首脳が互いに連絡を取り合うシャトル外交はほとんど停止した。

それ以来、韓国と日本の首脳間の会合は、主に多国間会合の枠組みの中で開催されてきた。

シャトル外交を回復する必要性を述べることはまた、日韓関係を改善したいという政府の願望を強調している。

朴首相は、「(ユン大統領は)韓国と日本が共通の利益に沿った信頼関係を築くべきだと信じている」と強調した。

ユン大統領と岸田文雄首相との首脳会談の問題について、外務省高官は「将来、いつ、どのように会うかを話し合う必要がある」と慎重に答えた。

サミットを開催し、シャトル外交を再開するためには、強制労働補償の問題を含め、日韓間の現在の問題の進展を通じて一定の条件を作り出す必要があるように思われる。

特に、最大の問題である強制労働補償の問題の解決策を見つけることが重要です。

そのために、外務省は今月2回の官民協議会を開催し、少なくとも来月初めから半ばに次の会議を開く予定である。

朴大臣は、「(訪問時に)日本は、この問題を解決するために、正しい歴史的見解に基づいた誠実な対応を採用することが重要だと述べた。私たちは一生懸命努力する」と述べた。

一部のオブザーバーは、政府が強制労働補償の解決策を達成するための重要な機会として8/15解放の日を利用しようとする可能性があると述べています。

別の外務省高官は、「政府は、集められた意見に基づいて独自の解決策を見つける必要があり、タイミングも検討されている」と述べた。 「私たちは解決策を見つける上で有意義な進歩を遂げようとしています。」

外務省 "韓国と日本の間のシャトル外交は10年の休止の後に再開します...未解決の問題に対する解決策の迅速な準備"(合成)

◇中国と「2+2」副大臣レベル、セキュリティチーフチャネルなど…「ハイレベルな関与を継続する」
彼は、中国との「普遍的な価値観と基準に基づいて関係を発展させる」という彼の方針を再確認し、高度なコミュニケーションと協力の拡大を通じてウィンウィンの発展を促進すると述べた。

まず、韓国と中国の外交関係樹立30周年(8月24日)の翌月、朴金大臣は就任以来初めて中国を訪問し、外相間の定期的なコミュニケーションを促進する予定である。

外務省高官は、「韓国と中国の間で高レベルの外交的関与を継続する意欲を反映している」と述べた。

また、国家安全保障局長のキム・ソンハン氏と中国共産党外交担当政治局の楊潔煥氏との間で戦略的対話が行われるとの報道もある。外務省、および外国および防衛当局との「2+2」レベルの対話。

このうち、外交・防衛当局との2 2 2対話は2015年以降行われていないが、両国は、次回の会合から長官から副大臣に昇格することで再開することで合意した。 。

2 + 2外交および防衛対話は、外国および安全保障の問題に関する詳細な議論を可能にするチャネルです。

パク・ジン大臣が中国を訪問した後、韓国と中国での副省レベルのチャネルの運営は調整されることが期待されている。

韓米関係では、同盟70周年を記念して、来年の同盟の「改善された未来」を共同で設計し、包括的で包括的な戦略的提携に向けて飛躍する戦略を報告した。

外務省は、軍事・安全保障、経済・技術協力に関する米国とのハイレベルな戦略的協議を活性化すると発表した。

外務省 "韓国と日本の間のシャトル外交は10年の休止の後に再開します...未解決の問題に対する解決策の迅速な準備"(合成)

政府は、米国、韓国、台湾、日本の半導体サプライチェーンでの協力計画であるいわゆる「ファブ4」に参加するかどうかを間もなく決定する必要があり、現在、関係省庁間で協議が行われている。

参加を決意すれば、中国の反応も期待できる。

朴大臣は、「財政支援、技術協力、サプライチェーン協議が含まれる。 半導体は私たちの最も重要な産業であり、サプライチェーンセクターの中心であるため、半導体を詳細に検討し、国益の方向に結論を下します。

さらに、外務省は今年後半に韓国の独立インド太平洋戦略(インテ)を確立することを計画している。

外務省は、「マクロの枠組みの中で地域協力のレベルで既存の地域戦略を管理するために、価値観、基準、相互利益に基づいて独自の個人戦略を確立する」と説明した。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です