外務省が日韓間のシャトル外交を復活…日米同盟に基づくグローバルな役割の拡大











外務省総裁の活動報告

パク・ジン大臣が日本での外交活動について説明する(東京=ヨンハプ・ニュース)特派員イ・セウォン=パク・ジン外相は20日朝、東京のホテルで韓国のメディア特派員と会談し、訪日中の外交活動について説明する。 朴大臣は18日、林芳正外相、19日、岸田文雄首相と会談した。2022.7.20sewonlee@yna.co.kr(終了)

パク・ジン大臣が日本での外交活動について説明する(東京=ヨンハプ・ニュース)特派員イ・セウォン=パク・ジン外相は20日朝、東京のホテルで韓国のメディア特派員と会談し、訪日中の外交活動について説明する。 朴大臣は18日、林芳正外相、19日、岸田文雄首相と会談した。2022.7.20sewonlee@yna.co.kr(終了)

[파이낸셜뉴스] 外務省は、韓米同盟に基づく韓国のグローバルな役割の拡大に注力している。 しばらく緊張していた日韓関係は、通常のシャトル外交の回復を目指している。 北朝鮮の場合、非核化については、国際社会と協力して大胆な計画を進める予定です。

朴金外相は21日午後、尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領に外務省の作業計画を発表した。 とりわけ、外務省は、韓国と米国の強力な同盟関係に基づいて、韓国のグローバルな役割を拡大することを計画している。 特に、5月に開催された日米首脳会談を踏まえ、日米の総合的な戦略的提携の強化に注力する計画である。 そのために、軍事安全保障、経済、技術協力などの高度な戦略的協議チャネルを活性化させます。

日本との関係では、歴史に立ち向かい、過去の問題を合理的に解決するよう努めながら、前向きなパートナーシップを追求していきます。 さらに、目標は韓国と日本の間の相互信頼を回復することでした。 中国とともに、普遍的な価値観と基準に基づいた韓中関係の発展を促進し、高度なコミュニケーションと拡大、実質的な協力を通じて、韓国と中国の間の相互に有益な発展を促進する予定です。 ロシアの場合、ウクライナ危機を解決するための国際社会の努力に参加し、韓国の人々と企業を保護するための外交努力を継続します。

各地域は、価値観、規範、相互利益に基づいて、独自のインド太平洋戦略を確立しています。 そのために、ASEANとのサプライチェーンの多様化などの実質的な協力の拡大を通じてASEANとのWin-Winのパートナーシップを構築し、南西アジアおよび太平洋の主要国との協力を強化する予定です。

また、欧州、アフリカ、中東、中南米、中央アジアなど、地域ごとに専門的な協力ネットワークを構築する予定です。 自由、民主主義、人権などの価値観を共有するヨーロッパ諸国との実質的な価値に基づく協力、サブ中東諸国との新たな成長協力、サプライチェーン、デジタル、健康、教育などのためのパートナーシップを強化します。 ラテンアメリカおよび中央アジア諸国との個別の協力も強化されます。

国の名声に値するグローバルなリーダーシップを強化するために、国連などの多国間分野で普遍的な価値を保護するためにグローバルな連帯を主導し、最高レベルでの主要な多国間会議への参加と価値に基づく協議と組織基準を拡大します。 特に、国連の最大の3つのメンバーである△非常任理事国理事会△人権理事会と△経済社会理事会が同時に推進されます。

積極的な経済安全保障と科学技術外交のために、主要分野における日米経済安全保障チャネルを強化し、インタ経済枠組み(IPEF)などの新しい経済秩序の確立を主導し、NSCを通じて経済安全保障戦略に関する協議を拡大する経済安全保障対話と経済安全保障協議会2+2。・強化する予定です。 サプライチェーン、原子力、科学技術、防衛産業における戦略的協力を強化することにより、韓国の原子力発電所および小型原子炉モジュール(SMR)の輸出との協力を拡大し、米国との科学技術協力を拡大し、スペースを確保し、各地域や国に適応した防衛貿易外交を強化する。

北朝鮮に対する北朝鮮の政策は、原則と一貫性に基づいて北朝鮮の非核化を促進している。 北朝鮮の脅威に対応するために、北朝鮮に対する抑止力を強化し、北朝鮮に対する制裁を実施し、核実験の際に新たな安保理決議を推進し、日米拡大抑止戦略評議会(EDSCG)を復活させる計画である。 ) 早い。

同時に、彼は北朝鮮に対して柔軟でオープンなアプローチを取り、対話の扉を開いたままにすることを計画している。

2030年に釜山世界博覧会を開催することで、国の地位を高め、グローバルハブ国としての役割を強化することが期待されています。 そのために、段階的な計画を立て、△地域ごとの主要交渉国への支援を確保し、△支援の普及を加速し、△撤退投票や脆弱国との交渉を防止し、すべての高レベルの外交活動レベルサミット外交を含め、フェアの開催に焦点を当てます。

レポーターSeoYoung-joon(syj@fnnews.com)








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です