外交:政治:ニュース:ハンギョレ

-国立問題研究所対外関係部長キム・ヨンファン-
「被害者グループとの協議はありませんでした。
「300億代位支払い」ソリューションでさえ出てきました…
日本の戦争犯罪法人が国内資産を売却するとき
日韓関係を混乱させる脅威»

1日のハンギョレとのインタビューで、国立研究所の外部協力部長のキム・ヨンファン氏は、「賠償は謝罪の証拠としてのみ意味がある。 パク・ジョンシク、スタッフレポーターanaki@hani.co.kr

「日本の戦争犯罪企業の国内資産が売却された場合、日韓関係が台無しになることは、日本側からの一方的な脅威である。これは当然のことと見なされるべきではない。強制動員被害者支援活動に注力している国家問題研究所外部協力部長のキム・ヨンファン氏は4日から協議を開始し、「(被害者団体との協議はなく、情報提供なし。韓国側が基金を設立し、補償金を支払い、日本側に請求する。これは、2015年に「慰めの女性」に関する日韓合意が急がれたときと同じ状況だ」と述べた。 。サブロゲーション制度は、韓国政府が資金を調達し、補償金を支払い、日本側に請求する方法である。確かに、商務省であっても彼は犠牲者のグループに最初の会議に出席するように頼んだことを明らかにし、彼は単に「あらゆる分野から意見を集めている」と繰り返し、評議会の創設を公式に確認さえしなかった。 ㈔先月30日、日本強制動員協会が記者会見を開き、「資産実現前に韓国政府が急務で落ち着きがない理由がわからない」と批判した。金総書記は1日、植民地の違法性を支持した2018年10月の最高裁判所の判決の「世界の歴史的意義」を忘れてはならないことを繰り返し強調した。最高裁判所の決定に続いて、日本軍の「慰めの女性」問題に対する補償の義務を認めた裁判裁判所の判決(2016Gahap505092)は、「国家(主権)免除は、に対する犯罪には適用できません人類」(2016Gahap505092)続く。 この決定は、昨年9月の第二次世界大戦中にドイツ軍によって殺害された遺族の補償をブラジルの最高裁判所が命じたときの主要な判例としても引用されました。 「解決策は最終的には原則だ」とキム氏は語った。 日本政府は最高裁判所の判決を「国際法違反」と呼び、戦争犯罪者と被害者との接触さえも阻止した。 「日本政府は、戦争犯罪企業が中国の戦争犯罪パートナーと協力した資金による補償を容認したが、植民地であった韓国にはこれを受け入れなかった。これが犠牲者の正当な権利であることを忘れてはならない。 「」 彼は続けて、「1965年の大韓民国主張協定を通じて犠牲者の権利を剥奪した政府が、日韓関係と日韓安全保障協力の改善を理由に、再び一方的な譲歩を課す。 米国と日本では、犠牲者は苦しむでしょう、それは人生への侮辱です」と彼は言いました。 鄭仁煥、スタッフレポーターinhwan@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。