外交:政治:ニュース:ハンギョレ

チョン・イヨン外相(左から)、アンソニー・ブリンカーン米国務長官、林芳正外相は、アジア太平洋研究所で開催された韓国外相の三国間会合の後、共同記者会見を行う。 2月12日(現地時間)にハワイで。 新着

日米両政府が朝鮮半島海域での三国間軍事演習の実施を繰り返し申し出たことが30日確認されたが、韓国政府はそれを受け入れなかった。 三国間交渉の状況をよく知っている高官の外交筋は、「日米両国は、2月と3月の韓国、日米間の高官協議で、三国間軍事演習を繰り返し提案している。 、しかし文在寅の政府はそれを受け入れませんでした。 外交筋によると、2月12日にハワイのホノルルで開かれた外相の三国間会合で、アンソニー・ブリンカーン米国務長官と林芳正外相は韓国のチョン・イヨン外相に、3回の実施が提案されたと語った。日本での軍事演習だが、チョン大臣は様々な理由を挙げて不満を表明した。 11日、韓国、アメリカ、日本の外務副大臣との電話協議で、ウェンディ・シャーマン国務次官と森武雄副外相が繰り返し三国間軍事演習を行ったが、チェ・ジョングン第一副外相は失望を表明した。 。 上級外交筋は、「米国と日本は、31日(韓国時間)の朝にハワイで開催されるTri-CHOD会議で三国間軍事演習を再提案する可能性がある」と述べた。 三国間軍事演習に関する日米政府の最近の繰り返し提案の背後にある理論的根拠は、韓国、日米、日本が北朝鮮の大陸間などの挑発的な軍事動向に対応する強い意志を示さなければならないという論理である。 弾道ミサイル(ICBM)の発射。 しかし、上級外交筋は、「日米による三国間軍事訓練の最近の提案は、北朝鮮も北朝鮮であるが、中国だけでなく中国とロシアを封じ込める試みと見なされるべきである」と指摘した。 この点で、28日(現地時間)に米国国防総省が議会に提出した「2022年国防戦略(NDS)報告書」では、中国は「最も重要な戦略的競争相手」であり、「最大の脅威」であると述べられた。 。」 ‘、そして’迅速な脅威’としてのロシア’彼が’第2層の脅威力’として選ばれたという事実は大きな意味を持っています。 韓国、米国、日本が朝鮮半島沖で軍事演習を行った例は一度もありません。 確かに、韓国、米国、日本の間の三国間軍事演習は、北東アジアの地政学を質的に変える「重要な変化」と見なされており、「日本の自衛隊が韓国に参入することへの強い抵抗」半島”。 ‘日本の植民地支配の36年後の韓国社会で。 上級外交筋は、「文在寅政権は、韓国、米国、日本の三者間の軍事演習に同意する可能性は低いが、5月10日に発足する「ユンソク政権-ヨル」は、「韓国、米国、日本の間の三国間安全保障協力を活性化する。私は何を判断すべきかわからない」と主張している。 上級特派員イ・ジェフンnomad@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。