地産地消の真鯛…

◀ アンカー ▶

福島原発事故後、消費者は依然として日本の水産物を心配しています。

日本からの輸入フエダイや中国からの活魚などの輸入水産物をあたかも国産であるかのように配る業者が多数見られた。

ジャーナリストのパク・ジュヨン。

◀ レポート ▶

活魚を大型タンクに詰め込んだ輸入水産物専門の流通業者。

警察は、原産国表示の違反を取り締まります。

[업체 대표]

「はい。いいえ。日本製と言いました」

この会社の 41 歳の社長は、済州地域の卸売業者と小売業者 9 社と協力して、国産マダイとカンパチ 35 トンをだまして流通させました。

国産品を装った輸入水産物が、スーパーマーケットや大型寿司店、ホテルなど117か所で販売された。

2020年12月から10ヶ月で35トン、約5億2000万ウォン。

警察の捜査の結果、Aさんは外国産のマダイを母と妻の名義で別の会社に流通させるかのように流通書類を改ざんしていたことが分かった。

影響を受けた小売業者は、魚介類が外国のものであると疑っていましたが、流通業者を信頼するしかありませんでした.

[피해 횟집 대표]
「日本製ではないと(流通業者に)言いましたが、韓国製ではない、と答えました。問い合わせたところ、どこかで育てているところがあるとのことでした」

消費者も同様に不満を抱いています。

[관광객]
「きっと日本製だから、すごく腹立つ。済州島で刺身を食べられるのかな」

警察は輸入水産物流通会社の代表Aさんら4人を原産地表示違反で逮捕状を請求し、他の流通業者の代表6人を拘束せずに逮捕した。

MBCニュースのパク・ジュヨンです。

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。