国内ゴルファーが海外を見る…日本ゴルフツアーが始まる










国内ゴルファーが海外を見る…日本ゴルフツアーが始まる

7月には、ナショナルゴルフコースのキャディー料金が再び上昇しました。 5月末にコロナの出入り制限が緩和され、ゴルフ場詐欺、予約困難、コースコンディションの悪さなど、国内のゴルファーの多くが海外訪問を求めています。

6月10日以降、日本は2年5か月後にグループ観光の条件付きエントリーを再開しました。 しかし、ビザ発給や団体旅行ガイドライン(ガイドライン)による手続きが複雑なため、7月6日には約1ヶ月ぶりに国内の最初の団体旅行者約20名が東京に行き、7月8日に帰国しました。

ゴルフツアーは7月8日に阿蘇スカイブルーゴルフリゾートを初めて訪れ、TC(海外旅行ガイド)の資格を持つ23人の遊牧民ツアースタッフが同行しました。 阿蘇スカイブルージャパンと韓国遊牧民ツアーのキム・ソンスCEOが福岡空港で彼に挨拶し、熊本県観光局は日本で歓迎の挨拶と思い出を広げ、インタビューを撮影し、地元のニュースで多くの報道をしましたと新聞。

思いがけない大歓迎にも来場者はとても感動したと言われています。

今年の4月から6月にかけて、阿蘇スカイブルーゴルフリゾートの本社、韓国遊牧民ツアーの従業員がビジネスビザで何度か来日し、国内のゴルファーが日本でゴルフツアーに参加できるように手続きを準備しました。メジャーパッケージツアー。 ツアー会社は観光客を監督しました。 7月のゴルフツアーでは約200人が韓国を訪れると言われている。

阿蘇スカイブルーゴルフリゾートは阿蘇山国立公園内にあり、各ホールの眺望は素晴らしく、本間は65万坪の敷地に18ホールしか設計しておらず、ホールドッグレッグやキャニオンを越えるなどのハンディキャップは確実です。挑戦を続けます。 グリーンでプレーしても起伏と二段式グリーンがあるので、7泊8日毎回新しい感覚でプレーできます。

九州で最も高いゴルフ場である海抜900mに位置するこのゴルフ場は、夏の平均気温が28度、平野との差が約10度の涼しいゴルフ場として有名です。 去年の夏はピークシーズンに走りましたが、国内のゴルファーは2年以上日本に旅行できませんでした。 また、ティーウェイ航空との相談により、15kgの受託手荷物とキャディバッグが可能です。

ビザ発給の締め切りのため、日本への旅行の3週間前に商品を予約することをお勧めします。

新規のお客様は、全国に広がるマットにしか出会えないのですが、コースは整備されていると感じており、8月から9月まで日本で直接予約や登録をする方もいらっしゃいます。 韓国を離れてから長い間日本でゴルフをしている観光客は、「初めてのゲストですが、お元気ですか?」と言った。 と「皇帝ゴルフはありません」。







Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です