右翼の象徴安倍氏死去…日本の政治と韓日関係の影響

日本の有識者「参院選で自民党に『同情票』の可能性」
自民党最大派閥「安倍派」の影響力弱体化に注力

日本の右派の象徴で自民党最大派閥の安倍晋三前首相(67)の死去が、日本の政治や韓日関係に与える影響が注目されている。

◇参議院選挙の休戦…PLDへの「共感」の可能性
10日の参議院選挙の2日前に安倍晋三元首相が暗殺された事件で、主要な与野党の選挙活動が中断された。

まず、岸田文夫首相の中間評価である参院選への影響は、与党に有利との見方が有力であると報じられている。

静岡県立大の奥薗秀樹教授は同日、聯合ニュースとの電話取材で、「こういう場合、たいていは被害者が得をする」と語った。 自民党に有利になる」と述べた。

2000年の衆院選で小渕恵三首相が脳卒中で死去、1980年の衆院選で大原正義首相が急死した際、自民党は同情票を獲得したと奥薗教授は言う。 .

特に今回の件は、選挙期間中に出席すべきでない重要政治家に対するテロ事件であり、自民党に有利に働くという観測が多い。

昨年10月の衆院選に続き、今年の衆議院選で自民党が勝利すれば、岸田首相の政治的立場が強化される可能性が高い。

の

◇PLD内でダイナミクスを変える可能性…「もっと岸田色に」
安倍前首相の死去は、自民党内のダイナミクスを変えると予想される。

彼が率いた自民党最大の派閥である安倍派には、「絶対指導者」に代わって求心力を発揮できる後継者がいない。

安倍派が新しい指導体制を確立するには、かなりの時間を要すると予想される。

求心力を失った安倍派の勢力は、弱体化どころか分裂の危機に瀕している。

1985年、安倍前首相と同様に強い政治的影響力を持っていた田中角栄元首相が脳卒中で倒れると、当時のPLD最大派閥であった「田中派」も後継者がいなかったため分裂した。

極右安倍派の勢力が弱まれば、伝統的に穏健派の岸田首相が本領を発揮する状況が好転する可能性もある。

岸田首相は昨年9月の自民党総選挙で安倍派の支持を得て当選し、首相就任後も安倍前首相を監視しなければならなかった。

岸田首相は、韓国が今年初めに強く反対した佐渡鉱山のユネスコ世界遺産への登録勧告を差し控えようとしたが、安倍前首相が安倍首相に圧力をかけたとき、[la Corée]歴史的な戦争に巻き込まれたので、それを避けることは不可能です。 おすすめに移りました。

また、先月の閣議で岸田内閣が決定した「経済財政の基本方針」は、政府が作成した原案に「抜本的に防衛力を強化する」という文言を盛り込んだものの、対象期間は定めていませんでした。

各脚注では、北大西洋条約機構 (NATO) が国内総生産 (GDP) の 2% 以上を防衛費に充当することを目指していることだけが紹介されました。

しかし、最終案では「今後5年間で防衛力を抜本的に強化する」とし、NATOの防衛費目標の記述を脚注から本文に移した。

「5年以内に国防費をGDPの2%に引き上げたい」という意向をより明確に表したものだ。

この件に関して、日本のメディアは、安倍前首相の影響が政治的決定に影響を与えたと評価した。

の

奥薗教授は、田中元首相が脳梗塞で倒れ、その後、中曽根康弘首相が田中の影響力を逃れ、政治色を本格的に露呈し始めた前例を挙げた。

1982年に発足した中曽根内閣は、当時の自民党最大派閥であった田中派の支持を得て発足することができ、田中元首相が「最高王者」を務めた。

しかし、田中元首相が健康上の理由で政治活動に参加できなかったため、中曽根首相はその政治的才能を十分に発揮し、国有企業の民営化や税制改革などの政策を推し進めて成果を上げました。

昨年10月の岸田内閣発足以降、岸田首相と安倍晋三元首相の関係は、1980年代の「中曽根・田中」関係に例えられるようになった。

奥薗教授は「田中氏が訂正していたら、中曽根氏は政治色を自由に表現できたのだろうか」と説明した。

岸田総理は同日、首相官邸で記者団と会談し、「今後の政局への影響については、話すべきではないと思うし、考えていない」と述べた。

奥薗教授は「安倍前首相の権力が強く、現首相が安倍首相の意見を無視して好き放題できる状況ではなかった」と語った。 の色

「それには韓日関係も含まれます」と彼は言った。

/ユンハプニュース

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。