半導体バックエンドプロセス投資競争…SKグループが米国に包装製造工場を建設

SKハイニックス「国内投資は挫折することなく計画通り進んでいる」

SKグループが米国にメモリ半導体用の新しいハイテクパッケージ製造工場を建設することを決定したため、世界の半導体企業間で半導体バックエンドプロセスへの投資をめぐる競争が激化しています。

SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は、26日(現地時間)のジョー・バイデン米大統領とのビデオインタビューで、米国への新規投資20億ドル(約29兆ウォン)の計画を明らかにし、その考えを明らかにした。高度なメモリ半導体パッケージングのための製造施設を構築する

SKハイニックスの子会社であるSKハイニックスは、バックエンドプロセスである高度なパッケージング半導体関連の製造および研究開発(R&D)に合計220億ドルの投資のうち合計150億ドルを投資する予定です。

半導体プロセスは、ウェーハプロセスであるフロントエンドプロセスと、パッケージングとテストを含むポストプロセスに大きく分けられます。

パッケージングは​​、電子デバイスが回路でエッチングされた半導体ウェーハとの間で信号を送受信できるように半導体チップをパッケージ化する技術であり、半導体の性能と生産効率を向上させることができます。

半導体から放出される熱を効率的に放散できるように発熱を制御することも、コンディショニングの一部です。

SKハイニックスは現在、中国の重慶に包装工場を持っています。

SKハイニックスが米国に包装製造工場の建設を推進している理由は、人工知能(AI)、5G、自律駆動などの高度な技術が普及し、高性能と超小型半導体が爆発しました。

ガートナーは、世界の包装市場が2020年の488億ドルから2025年には649億ドルに成長すると予測しています。

SKハイニックスは現在、サイトの検索を含む建設計画を策定していることが知られています。

SKハイニックスは、「今回の米国への投資は、韓国に建設するフロントエンド工場(製造施設)の建設ではなく、バックエンドプロセスや研究開発への投資である。

同氏は、「米国の投資に関係なく、国内の半導体投資は、後退することなく、計画通りに継続するだろう」と述べた。

SKハイニックスだけでなくサムスン電子もパッケージングセクターへの投資を後押しする気になっている。

今年は、半導体を統括するDS(デバイスソリューション)部門内にパッケージングタスクフォース(TF)が組織され、今後さらにパッケージング関連スタッフが増員される予定です。

サムスン電子は現在、南忠清省の恩陽と天安、中国の蘇州でのみ包装生産ラインを運営しています。

サムスン電子は昨年、業界をリードする仕様の高性能半導体向け2.5Dパッケージソリューション「H-Cube」も発表しました。

鋳造業界でナンバーワンの台湾のTSMCは、現在、最先端のパッケージング技術を導入し、日本およびその他の国でより多くの後処理施設を建設しています。

インテルはまた、米国、アジア、ヨーロッパへの大規模な投資を進めています。

業界関係者は、「現在、TSMCはそのエコシステムに基づいて技術的リードを維持している」と述べた。 「10nm未満の超薄型プロセス(ナノメートル、10億分の1メートル)から、小型化によるパフォーマンスの向上には限界があります。」 テクノロジーでそれを実現しようとしている」と語った。

/yunhapニュース

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。