前政権はNATOの連帯価値に加わった…広報をリセットすることは挑戦である

「中国のジレンマ」が再浮上…中国は疑念を抱きながら韓国に友好的
7日と8日のG20期間中の韓国、中国、韓国、米国、日本間の外相会議の可能性…これは最初のテストになります

中国との関係を管理することは、尹錫淵政権のもう一つの外交上の課題として浮上しており、NATO首脳会合に出席することで「価値観外交」の方向性を明確に示しています。

韓国と中国の外相は、G20外相会議の直後に初めて会合することが期待されています。

韓国は先月の29日と30日のNATO首脳会合に参加することで、「価値観」を中心とした新たな国際秩序の中で、西側主導のリベラル陣営に身を置くことを明らかにした。

ユン大統領は1日の帰りの機内会議で、「国が規範に従わず、私たちが一緒に守らなければならない価値観や基準に反する行動をとるとき、私たちは皆一緒にそれを非難します。連帯して制裁を適用する…」はほんの一例です

政府はこの立場が特定の国を排除したり標的にしたりしないと主張しているが、米国が現在中国を「挑戦」と見なしていることを考えると、中国のリスクが高まっていることを否定することは難しい。

米国のバイデン政権は、中国との競争を根本的に体系的な競争として認識している。

中国は、自由民主主義と既存の国際基準の優位性を損なう一方で、その強力な経済的影響力で世界に権力を拡大しているため、同盟国と協力してそれを阻止する必要があります。

今回の会合で採択された新しいNATO戦略概念文書は、「中国の明確な野心と強制的な政策は、私たちの利益、安全保障、価値観に挑戦する」と述べていると言えます。

に加わった旧政府

同盟国であり、共通のイデオロギー的アイデンティティを持つ国として、韓国が米国と同じ前線に立つことは避けられない。

しかし、韓国は朝鮮半島や経済面で中国との緊密な関係を維持しているため、このジレンマを解決することは重要な外交課題となっています。

大統領府の関係者は先月29日(現地時間)にスペインのマドリッドで行われたブリーフィングで、「今回のNATO会議に招待された韓国を含むアジア太平洋4カ国は、新しいインド太平洋戦略を策定している。混ざっている」と述べた。

文在寅政権がこの「中国のジレンマ」を可能な限り引き出しず、戦略的曖昧さを維持していれば、尹錫淑政権はジレンマがあったという事実を隠さなかったという違いがある。

政府はまた、韓国が中国が基準を満たすのを助けるのに役割を果たすことができるとほのめかしている。

パク・ジン外相は2日のチャンネルAとのインタビューで、「(中国は)自由貿易から最も恩恵を受けた国だ」と述べた。

中国は尹錫淵政権の「価値観の連帯」の遵守に警戒しているが、韓国との対立の角度はまだ確立されていないようだ。

特に、韓国と日本はNATO首脳会合に対して異なる反応を示すことに注意する必要があります。

中国外務省の趙立堅スポークスマンは先月30日のブリーフィングで、「韓国と日本はアジアの重要国として、また中国との相互に重要な協力パートナーとして幅広い共通の利益を持っている」と述べた。 の平和で安定した開発を保護します

しかし、その日の夕方、中国外務省のウェブサイトに掲載された質疑応答では、中国の協力相手への言及から「日本」が省略され、「関連側」が追加され、「韓国側」に置き換えられた。

日本とは異なり、韓国は依然として彼らを引き付ける余地があるパートナーであると見て、中国は友好的なメッセージを送るという解釈があります。

同日、邢海明駐日中国大使は、韓国と中国の外交関係樹立30周年を記念した学術講演会で、「中国の友好国である韓国が理解し、中国国民の気持ちと中国の立場を支持する」と述べた。

言い換えれば、中国の態度は、韓中関係にまだ外交の余地が残っていることを示していると言えます。

政府は、高レベルの戦略的対話、外相の交流訪問、外務大臣レベルでの「2 + 2」対話など、韓国と中国の間にさまざまな協議メカニズムを設定することを計画している。発生する可能性のある未解決の問題をスムーズに管理します。 将来。

に加わった旧政府

特に、最初のボタンは、7日から8日までインドネシアのバリ州で開催されるG20外相会議であると予想されています。

パク・ジン大臣と王毅大臣はともにG20会合への出席を公式に発表したので、両者はここで最初の対面の二国間会談を行うことが期待されている。

もしそうなら、王岐山副大統領が尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領就任の特使として先月韓国を訪問して以来、これは両国間の最初のハイレベルな対面の接触となるでしょう。

また、米国務長官のトニー・ブリンカーン氏と日本の林芳正外相もG20会合に出席することが知られています。

韓米日韓外相会談がG20の舞台で行われるとすれば、韓国外交がG20で適切な立場を見つけることもまた別の義務となることが予想される。国際社会のますます対立する側面。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。