円安の時代に、日本のETFに投資すべきでしょうか?

[이데일리 김윤지 기자] 金やドルなどの安全資産として扱われていたドルに対して、円高が史上最高値を更新したことから、金融商品を通じた投資も注目されています。 円は最近、ドルに対して126半ばと評価され、年初からほぼ10%上昇しました。 これは、円が2002年以来の最低水準まで下落したことを意味します。韓国で取引された1円あたりのウォンも3年ぶりに1,000ウォンを下回りました。 円安は急速に進んでいますが、短期的には強気の反転が見込めないため、専門家は慎重な投資を推奨しています。

17日のマーケットポイントによると、「タイガー日本円先物」は、15日から先月で710ウォン(-6.87%)下落した9625ウォンで取引を終えた。15日の取引セッションでは、52週間の安値まで下落した。 9,440ウォン。 このExchangeTradedFund(ETF)は、KRX円先物市場に掲載されている直近の月に計算された「JPY先物指数」をサブインデックスとして使用する唯一の円先物ETFです。 通貨ヘッジは実施されていません。

[이데일리 이미나 기자]

価格が下がるにつれて、ボリュームは増加しました。 純資産総額は6.7兆ウォンで、2月の1日平均取引高はわずか1,640株だった。 先月、円高が大きく変動し始めたところ、8,315株に跳ね上がり、今月は24,430株を記録した。 先月の16日から15日までの先月、個人投資家も2,659.31百万ウォンの純購入を行った。 通常の取引量を考えると、それは低コストの購入ファンドと見なすことができます。 ただし、円先物指数「インバース」「インバース2X」に基づくレバレッジは、昨年3月に上場廃止となりました。 トランザクションが非常にアクティブであるかどうかを確認するのは困難です。 みらえアセットアセットマネジメントの関係者は、「国内円先物市場の規模はドルに対して非常に小さいため、短期的には価格の歪みが生じる可能性があることに注意する。長期的にはアプローチを推奨する。難しい

日本株にも投資できます。 確かに、円の価値が下がったため、為替差損による利益の減少の可能性は減少しました。 為替レートのボラティリティが高まるにつれ、ETFなどの金融商品が通貨ヘッジされているかどうかが重要な変数になります。 「KINDEXJapanNikkei225(H)」は先月7%のリターンを記録し、「TIGER Japan Nikkei225」は-0.41%を記録しました。 どちらも日本市場の代表的な指数である日経225にリンクされており、東京証券取引所の第1部に上場され、セクターおよび市場代表の要件を満たす225の高流動性株式で構成されています。 ユニクロらとともに小売業者であるファーストリテイリング、日本の首都圏に電力を供給する東京電力、日本最大の情報技術(IT)企業であるソフトバンクグループ、日本の民間通信会社であるKDDI、日本の産業であるファナックロボットメーカー違いはありません。 ただし、通貨ヘッジの結果、リターンの差はほぼ7パーセントポイントになりました。

成長とインフレの停滞を考えると、円自体への投資は魅力的ではないと感じる人もいます。 KB証券のキム・ヒョジン研究員は、「利益を上げるには、円がウォンよりも強く動く必要がある。日本の外国資産は、2012年から25%縮小し、安全資産としての円の位置も弱まっている」と述べた。 。、’ 彼は言った。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。