公開市場の議論には農民や漁師はいません…





大韓民国農業団体連合会と大韓漁業経営者総連合会の幹部らは8日、商工資源部(COEX、ソウル三成洞)の公聴会で記者会見を開き、殺到を非難した。 [사진=한국농촌지도자중앙연합회]

[한국영농신문 이병로 기자]

インドの人口がまもなく中国に追いつくというニュースの中で、韓国では「インド太平洋経済フレームワーク」(IPEF)が農民と漁民を政府から切り離している。

IPEFは米バイデン政権の経済安全保障のプラットフォームであり国際機関とも言え、FTAよりも幅広い経済協力を目指すという点で特徴的だ。 問題は、米国がインド太平洋地域の国々と貿易を促進し、環境と技術の基準を採用し、労働力とインフラストラクチャーを標準化することで主導権を握っていることです。

バイデン大統領は 5 月 23 日に IPEF の立ち上げを発表した。 韓国をはじめ、米国、日本、オーストラリア、インドネシア、マレーシアなどアジア太平洋地域の14カ国がIPEFに参加する。

これに伴い、大韓女性農業組合総連合会、大韓農業継承者総連合会、大韓民国指導者協会、大韓四H本部、大韓生活改善協会、「大韓四H青年農民会」など連合(ハン・スヨン)は農水産業を代表して政府を批判した。

8日にソウル江南区COEXで開かれたインド太平洋経済枠組(IPEF)の公聴会を控え、「商工エネルギー部が農水産業を無視(無視)し、インド太平洋経済枠組(IPEF)を急ぐ」などのスローガンを掲げ、「偏向的で不公平な商工エネルギー省の商業機能を外務省に移管せよ」などのスローガンを掲げた。

大韓農業団体連合会などは声明で、「一貫して農産物の開放を求めてきた米国がIPEFを主導する状況で、IPEFに関する幅広い枠組みでの単純な情報だけではなく、詳細情報を公開しています。 「貿易・産業・エネルギー省は、農業部門との事前の連絡なしに一方的に公聴会を促進した」と彼は言った.

彼らはまた、次のように警告した。 警告にもかかわらず、これらのグループは、農業界の声が将来のIPEF交渉に反映されない場合、または農業および漁業部門が対処される場合、全力で戦うと述べた.

一方、ナショナル・ポピュラー・アクションもIPEFの公聴会を受けて記者会見を開き、「政府はIPEFが農業と人々の生活に与える影響を説明し、コンセンサスを構築するはずだったときにこれをしなかった。 30年にわたるインフレによる経済危機の中で、最大の貿易相手国である中国と対峙する道を選んだユン・ソクヨル政権に対し、深い懸念を表明する」と宣言した。 そして彼らは、IPEFを止めるために最善を尽くすと付け加えた.

農民・漁民団体や農業現場の反対の声が大きいが、尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権は本当に後戻りできない橋を渡ろうとしているのだろうか。

イ・ビョンロ記者 leebr@youngnong.co.kr

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。