公益首相…世論から切り離された日本の政治の現実

「それは良くも悪くもありません…私は興味がありません。

国をリードし始めたばかりの最高指導者に対する国民の態度がそうだとしたら、どう理解すればよいのだろうか。 彼の政権の初期に通常表明される期待や希望から来る同情はなく、批判も批判さえもありません。 あなたが「あなたは悪者になることさえできない」と言われる必要があるリーダーなら….

岸田文雄首相

岸田文雄首相に対する日本人の態度を示す調査結果が報告された。 朝日新聞とオンラインメディアのアエラドットが提携する週刊朝日が配信するコンテンツです。 回答者数は136人(複数回答)にとどまっているが、国民の支持が弱いにもかかわらず、自国の派閥政治で政権を握った岸田首相に対する日本人の関心を読むのは興味深い。

16日の報道によると、岸田首相は「好きな政治家と嫌いな政治家」というアンケート調査で、それぞれ9票と2票を獲得し、2つのカテゴリーでトップ10に入ることができなかった。 Aeradatはこれについて次のようにコメントしています。[Kishida]。」

河野太郎、自民党広報部長

ポジティブであろうとネガティブであろうと、日本人の心の中の政治家は岸田首相に匹敵するが敗北した人々でした。 岸田文雄首相に敗れた自民党の河野太郎広報部長選挙で、「お気に入りの政治家」が1位にランクインした。 先月の自民党選挙では、支持率が高く、当選確率の高い候補に選ばれたが、派閥政治が機能し、岸田首相に敗れた。 しかし、この世論調査は、国民の人気がまだそこにあることを確認しています。 実は、31日の衆議院選挙前に、河野将軍が「PLD選挙の顔」として再登場した。 日本のメディアは、大統領選挙で河野氏を支持しなかった議員でさえ、彼に選挙運動を呼びかけていると報じている。 志位和夫共産党議長と長妻昭議員が3位で「好きな政治家」で2位になりました。

元首相安倍晋三

安倍晋三前首相(75人)が「嫌いな政治家」のリストで1位、2位は麻生太郎副大統領(62人)だった。 二人の男は、知事選挙の際に「無法者」の原則の下で率いる派閥に所属する議員を動かし、岸田政権の創設の結果を率いると評価されている。 安倍首相を嫌う理由として、「とにかく普通の生活については何も知らない」「真実のように嘘をついている」と回答した。 3位は菅義偉前首相(35名)。

調査結果については、政治ジャーナリストの角谷浩一氏が「永田町(国会議事堂と首相官邸のある政治の中心地)と人民の感覚との間にギャップがある」と述べ、分析した。 別のアナリストは、「国民からの感情がないように見える人が首相になる制度を変えてはならないのか」と指摘した。

レポーターGoo-YeolKangriver910@segye.com

[ⓒ 세계일보 & Segye.com, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。