元中国当局者の西側政治ウイルスが世界経済の状況を悪化させる

中国の経済成長率は第2四半期に0%に低下しました…過去最高の若年失業率

「世界経済は第二次世界大戦以来最悪の危機に直面している」と元中国経済当局者は述べた。

中国財務省の元副大臣である朱光耀(朱光耀)は、16日に北京で開催された経済フォーラムでこれを述べた、と香港ミョンボは17日に報告した。

「エピデミックは世界のサプライチェーンの安定性に影響を及ぼし、インド太平洋経済枠組み(IPEF)のような米国と西側の間のブロック対立を促進する「政治的ウイルス」は状況を悪化させた」と語った。ジョーは言った。

「中国は、安定した健全な経済を維持するためにできる限りのことをし、改革開放を積極的に推進して、経済成長をできるだけ早く5〜6パーセントの範囲に回復させるべきだ」と述べた。

「開発力を高め、経済発展の基盤を強化し、経済を合理的な範囲内で機能させ続けるための新しい方法を見つけなければならない」と彼は付け加えた。

彼の発言は、中国の第2四半期の経済成長が0%レベルに落ち込んだときに出されました。

中国国家統計局によると、第2四半期の中国の国内総生産(GDP)は29.246.4兆元(約5.732兆ウォン)で、前年同期比で0.4%増加した。

これは、武漢でのコロナウイルス関連の封鎖の影響を反映して、2020年の第2四半期以来の最低の成長率(-6.8%)です。

第2四半期の成長率の急激な低下は、4月と5月の上海、北京、深センなどの主要都市の全面的または部分的な封鎖の衝撃波によって引き起こされました。

中国経済は5月以降回復傾向にあるものの、上海の封鎖が一部緩和されたものの、当局が目標とする5.5%の成長率を達成することは難しいとの見通しが強い。

景気減速の中で、16歳から24歳の若者の失業率は6月に過去最高の19.3%に達した。

失業率は毎年6月と7月に上昇し、通常は新卒者が生まれます。

しかし、中国の若年失業率は昨年10月以降着実に上昇しており、4月に過去最高の18.2%を記録した後も上昇を続けています。

このような状況下で、今年の新卒者数は過去最高の1,776万人となった。

6月の米国の若年失業率は8.1%、5月のEUと日本の若年失業率はそれぞれ13.3%と3.8%であるのに対し、中国の若者の求職者は他の国の若者よりもはるかに悪い状況にあります。 香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は、最悪の事態が来ていないという分析がまだあると指摘しました。

オックスフォード・エコノミクスの中国アナリスト、トミー・ウー氏は、SCMPとのインタビューで、「現在、労働市場全体の状況は停滞している可能性が高い」と述べた。

伝統的に多くの新卒者を吸収してきた情報技術(IT)、金融、不動産、私立教育セクターはすべて、広範な政府規制によって大きな打撃を受けており、大規模なレイオフも中国の労働市場をさらに凍結させています。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。