佐渡峰遺族「強制動員以外のユネスコ登録は虚偽」

◀ アンカー ▶

日本は軍艦島に続き、佐渡鉱山をユネスコの世界遺産に登録することを推進している。

取材班は、当時佐渡鉱山で強制労働させられていた朝鮮人鉱山労働者の遺族に会いました。

彼は、日本が強制動員の事実を隠すのは嘘だと言い、それに反対する運動さえしたいという彼の願望を表明した.

東京特派員Hyeonseung Kohがお届けします。

◀ レポート ▶

1940年、日本の徴兵の翌年

忠清南道論山市に住むイム・テホさん(21)は、新潟県佐渡鉱山から動員され、過酷な採掘作業を行った。

[임간란/故 임태호 씨 장녀]
「休みはありません。毎朝、朝から晩まで。韓国人は全員、内側(トンネル)から働き、日本人は入り口側から働きました。」

犠牲者が増えていく毎日は恐ろしいものでした。 今日も生きて帰れるかな?

生前、リムは必死の口述証言を残しました。

[임간란/故 임태호 씨 장녀]
「私の父はよく泣きました。彼は静かに泣きました。これはいつまで続くのでしょうか。私は死ぬまで働かなければなりませんか? (彼は言った)」

当時の朝鮮人寮管理人の証言によると、「故郷に戻れないことに絶望し、脱走を繰り返し、その度に警察に殴られたり蹴られたりするのが普通だった」と記録されている。 .

3年半耐えたリムさんの身に起こったことは、日本軍の召喚状であり、最終的には家族とともに鉱山から脱出した。

東京近郊に定住するが、生活は苦しく、果物屋、マッコリ屋、骨董屋を営んで生き延びた。

[임간란/故 임태호 씨 장녀]
「川崎に来て家がなかった。厩舎だった。そこに住んでいた」

しかし、粉塵の蓄積と肺の硬化によるじん肺に一生悩まされ、1997年に78歳で亡くなった。

故人の苦しみを鮮明に覚えているご遺族に世界遺産が登録されたというニュースは、大きな衝撃を与えました。

[임경숙/故 임태호 씨 삼녀]
「絶対に反対です。署名運動をするときは、自分の名前を10個くらい書きたいです。」

遺族は、日本はまず過去を謝罪し、佐渡鉱山の真実を明らかにすべきだと強調した。

[임간란/故 임태호 씨 장녀]
「(強制労働の事実を)説明し、登録しなければなりません。

元佐渡鉱山の鉱山労働者であった故イム・テホは、20年以上前にここ川崎で亡くなりました。

日本は、故人が期待していた心からの謝罪どころか、強制労働や奴隷労働の事実を無視することなく、佐渡鉱山を世界遺産に登録することを推進している。

川崎MBCニュースのコ・ヒョンスンです。

動画カバー:イ・ジャンシク、キム・ジンホ(東京)/動画編集:キム・チャンギュ

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。