伝統的な中国医学の「混乱」を中心とした伝統医学教育の国際基準の推進>ニュース

国際標準化機構の伝統医学技術委員会(ISO / TC249)の第12回総会が先月の1日から29日までオンラインビデオ会議を通じて開催されました。 総会には、韓国、中国、日本、オーストラリア、スペイン、シンガポール、タイ、サウジアラビア、ドイツ、オランダ、イタリアなど11か国の代表者と、ISO中央事務局の関係者を含む140名が出席しました。

この総会は、コロナウイルスの影響で昨年と同様にオンラインで開催され、3年ごとに更新される伝統医学技術委員会の事業戦略報告書(SBP)が検討されました。

SBPは、伝統医学技術委員会によって開発された国際規格の範囲と優先順位を含むレポートです。 中国は、ISO / TC249事務局のステータスを使用して、作業範囲の「教育」部分を削除することに反対しています。 また、中国は伝統的な漢方薬を中心とした伝統医学教育の国際基準を一貫して提案しており、長い間対立国と対立してきました。

この総会では、韓国、日本、オーストラリアの共同回答で、SBP基準の開発優先順位のリストから「教育」の部分を削除することが提案されました。 決めることができた

したがって、三国は、中国の漢方教育の国際基準の発展に引き続き共同で対応し、志を同じくする国の数を増やすことによって積極的に対応することを計画している。

さらに、この総会では、SBP以外の現在の国際規範文書​​を検討し、提案された新しい基準案に投票するために、合計7つのワーキンググループ会議が開催されました。

この過程で、韓国は昨年、漢方薬を扱う作業部会であるWG1(作業部会1)が提案した「薬草調合サービスの最低要件」が提案され、2022年にさらに議論された結果を達成した。

ウォンクァン大学のキム・ユンギョン教授が提案した新基準は、中国からの同様の提案を克服し、開発が期待される専門家の同意を得て投票に合格した。

また、今回の総会では、ISO/TC249の中国社長であるShenYuenDongがプロジェクトリーダーとして提案した「高麗人参産業と規格開発に関する報告書」が注目されました。 しかし、この提案には、大統領が特定の業界文書のリーダーとして参加し、調査報告書に中国以外の国の意見が含まれていないなどの問題があります。 専門家と一緒に開発を続けることにしました。

一方、第12回ISO / TC249総会には、韓国(HoD)代表であるキョンヒ大学のキム・ヨンソク教授を含む約20名が出席し、韓国医学研究所が標準開発として参加した。東洋医学の分野における協力組織と国際標準化のための国内事務局。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。