会員企業活性化協議会構成の承認>ニュース

韓国東洋医学会(崔道英会長、以下、韓国医学会)は、20日、韓国東洋医学会5階講堂で第11回理事会を開催し、会員協会などの議題について話し合った。通電。

崔熙燮会長は歓迎のメッセージの中で、「3日間の暑さにもかかわらず、韓国医師会の発展のための会議に出席した理事たちに心から感謝したい。 しばらく沈黙していたコロナ19が再び広がり、緊張をほぐすことはない」と述べ、「下半期には大きな社会的出来事が予想されるため、プロセスはスムーズに進みます。 »»

この会議では、韓国東洋医学ジャーナルの編集委員会が、SCIジャーナルの育成、ジャーナルの質の向上、学術ジャーナルのステータスのレビュー、ジャーナル記事の公開、国立研究財団のジャーナルへの登録を担当します。韓国の学会であり、学会間の学術雑誌の収斂を発表します。 編集者が任命されました。

Ko Seong-gyu副会長を協会会長とする東洋医学評議会は、韓国の基礎医学の開発、学術交流の計画、東洋医学の基礎会議(仮称)の開催方法、学術コンバージェンスジャーナルの発行を計画しています。基礎分野の社会間で、社会を発展させます。

また、会期中は△子午線鍼灸学会の法令変更△韓国軟組織東洋医学会の名称変更の承認△韓国東洋医学会70周年記念式典の準備△2022年全国東洋医学会議の歓迎△国際鍼灸学会(ICMART)学術会議に参加し、代表団を結成した△韓国東洋医学会第2回証拠医学特別委員会(EBM)の設立について話し合った。

東洋医学会70周年の準備として、2023年1月31日に開催される「韓国東洋医学会70周年記念式典」の主な内容を共有することが決定されました。 70周年を迎え、適切な執行のための準備委員会を設立する。 準備委員会は、韓国医師会の歴史と歴史データの収集と検証、データブックの編集、招待された科目、プログラム、受賞者の選択を担当します。

2022年の全国東洋医学会議の場合、8月24日から9月7日までの15日間に開催されるオンライン地域会議の主な進捗状況は、10月30日に予定されている永南地域と12月11日に開催される予定の首都です。地域のイベントの進捗状況。

永南地区では東洋医学会員向けのポスター発表を受け付けており、首都圏では「東洋医学基礎会議」(仮称)の臨床(実習)実演と講義を行う。 基礎東洋医学会議は、基礎分野の10の会員団体の会長が学術交流を共有するために集まる場所であるべきです。

ICMART会議への出席と代表団の構成の場合、10月14日から16日までイタリアのボローニャにある「サヴォイホテルリージェンシー」で開催されるICMART会議のメインプログラムが共有され、会議代表団の組織が参加します。承認されました。

第2回EBM特別委員会の設置の場合、東洋医学に関する200の記事を本の形で編集し、出版するために第2回EBM特別委員会を設立することが決定されました。

以前、2010年に設立された第1回EBM特別委員会は、日本東洋医学会と協力して、翌年の「エビデンスに基づく東洋医学処方」の共同出版に貢献しました。 論文をデータベースに変換し、国内外で公開する責任があります。

一方、報告書の場合、東洋医学の医療実践分類システムなどの東洋医学の発展のための研究プロジェクトや、学術基盤の構築のための研究プロジェクトが報告されており、東洋医学のグローバル化も報告されています。韓国東洋医学研究所、韓国統計局、国立健康保険公社との協力によるプロジェクト。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。