主要な海外経済…米国の「成長」とヨーロッパ、日本、中国の「低迷」予測

[아이뉴스24 박은경 기자] 最近の世界経済の主な動向としては、米国経済が成長を続けている一方で、欧州、日本、中国は緩やかな回復を示しています。

韓国銀行が24日に発表した「海外経済焦点」によると、米国経済は雇用と消費の改善により、好調な成長を続けている。

中国の国旗のイメージ。 [사진=PIXABAY]

米国の生産は 3 月に前月比 0.9% 上昇し、小売売上高は前月比 0.5% 上昇しました。 平均時給伸び率も2月の5.2%から5.6%に上昇した。

実際、3 月には Omicron の普及が緩和し、消費者およびサービス部門のセンチメントが改善しました。 米国経済は、蓄積された購買力と労働供給の増加により、今後も成長を続けると予想されます。

ただし、金融政策の正常化の過程で、高インフレ率の持続とそれによる消費者信頼感の低下が依然として懸念されていることに留意する必要があります。

ウクライナ危機の影響により、ユーロ圏の景気回復は弱まりました。 これは、消費者信頼感の急激な低下の結果です。 ユーロ圏の消費者心理を示す消費者信頼感指数は、2 月の -8.8% から -18.7% に上昇しました。

現在、ユーロ圏は、長引くウクライナ危機や、欧州連合がロシアからの石油輸入を禁止する可能性など、重大な下振れリスクに直面しています。

供給途絶やオミクロンの蔓延で日本経済の回復は遅れている。 1月、2月は供給途絶やオミクロンの普及で生産・消費が低調だったが、2月は輸出も落ち込んだ。

今後の日本経済の回復は、感染症拡大の鈍化に伴う経済活動の再開や政府財政支出に支えられるが、ウクライナ危機に伴う先行き不透明感が下振れ要因となるリスクがある危険。

3 月には、日本の中央銀行も、ウクライナ危機によって引き起こされたコモディティ価格の上昇と金融市場のボラティリティの高まりが、日本経済とインフレにとって大きな不確実性として作用しているとの懸念を表明しました。

強力な検疫措置により、中国経済は再び減速した。 中国の第 1 四半期の国内総生産 (GDP) 成長率は 4.8% で、今年の政府目標の 5.5% を下回っています。

鉱工業生産のシェアは 1 月の 7.5% から 5.0% に低下し、設備投資部門も 12.2% から 9.3% に低下しました. 小売売上高は 2020 年 7 月の -1.1% から 20 か月ぶりにマイナスになりました – /35 %も記録されています。 3 月の失業率は 5.8% で、2020 年 5 月以来の高水準でした。

オミクロンの変異株の拡散による高強度の防疫措置の継続や、ウクライナ危機などの内外環境の悪化により、中国経済の成長鈍化に対する懸念は根強いものと予想されます。

韓国銀行調査局の中国経済チームの関係者は、「3月以降、確認された症例数が急増したため、中国は検疫措置を強化しており、期間と期間についてはまだ不確実性がある.ゼロコロナ政策の。」

/パク・ウンギョン記者(mylife1440@inews24.com)

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。