中国を捨ててアメリカと握手することはできない…日本企業の秘密策であるチョン・ヨンヒョによる日本産業の分析

写真=ウィークリーダイヤモンドキャプチャ

日本政府は、中国を支配するための経済と安全保障に関する法律を最終決定することにより、経済問題だけでなく、外交と国防においても米国と協力することを明確にした。 主な同盟国である米国と主要な貿易相手国である中国のどちらかを選ばなければならない日本企業は、米国と中国の生産システムを分離する封鎖戦略で対応します。

日本のメディアによると、衆議院(上院)は12日、前日に本会議を開き、経済安全保障推進法を可決した。 日本政府は、経済安全保障法の制定過程を経て、2023年から段階的に実施する予定です。

時価総額で最大の企業100社の41%、中国からの10%以上

経済安全保障法は、サプライチェーンの強化、主要インフラの確保、ハイテク研究開発の支援、特許の非開示という4つの柱に基づいています。 全体として、法律は中国を封じ込める強い性格を持っていると分析されています。

日本政府は、半導体、希土類、蓄電池、医薬品などの特定の重要な商品に対する中国への依存を減らすために、企業の原材料の供給源と在庫状況を調査する権限を持っています。 安定したキーアイテムを確保するための計画を会社に提出する必要がある場合があります。

会社が提示した計画が有効な場合は補助金が支給され、不十分な場合はサプライチェーンの再編などの補完的な計画が求められます。 また、2030年までに世界市場シェアを「ゼロ」にまで縮小すると見込まれる国内半導体産業を復活させるための支援策も盛り込まれています。

また、電力、電気通信、金融を含む14の主要インフラストラクチャセクターの企業が中国製のデバイスとシステムを使用しているかどうかを事前に調べます。 政府は、人工知能(AI)や量子コンピューターなどの最先端技術の開発を5000億円(約49億225億ウォン)の基金を設立することで支援する。 最高2年の懲役や最高100万円の罰金などの罰則も設けられています。

事業活動を制限する恐れのある声も多いが、米国、英国、ドイツ、フランスではすでに導入されている。 日本は追いつくのが遅いようです。 経済安全保障法自体を制定した理由は、米国政府からの要請に応えたものです。 米国は、覇権を争っている中国を封じ込めるために、民主主義の同盟国間にサプライチェーンを確立するための法案を各国に求めている。

日本の経済安全保障法の制定が遅れたのは、最大の貿易相手国である中国との関係や、自国の事業が損失を被る可能性を考慮したためであると分析されている。 2020年、中国は日本の最大の貿易相手国であり、日本の総輸出入総額の23.9%を占めています。 その割合は、2位の米国(14.7%)と3位の韓国(5.6%)を合わせたものよりも高い。 時価総額で最大の日本企業100社のうち、41%が中国での売上の10%以上を占めています。

日本は、経済安全保障法を可決することで、経済の西側にも立つことを確実にしたと解釈されています。 日本経済新聞は、「米中間の緊張は、軍事分野だけでなく、経済分野でも拡大するだろう」と予測した。

史上最高のトヨタ株は4%下落

中国への依存を減らし、サプライチェーンを再編成することも日本にとって重要な課題です。 日本の大手企業の業績は悪化している。

トヨタ自動車は前日、2021年の営業利益が36%増の2.995.6兆円と、日本の製造業史上最高記録を達成したと発表した。 しかし、その日の東京証券取引所でのトヨタの株価は4.4%下落した。

投資家は、トヨタの営業利益が昨年の記録から今年は20%減少するという同社の予測をより受け入れていると分析されています。 トヨタは10日、部品供給の中断により、日本で8つの工場と14のラインの操業を6日間停止すると発表した。 その結果、5月の生産台数は75万台から70万台に減少した。

任天堂は10日、半導体の不足により、2021年の家庭用ゲーム機向けNintendo Switchの売上が20%減少したと発表した。 Nintendo Switchの売上高は、2017年の発売以来初めて減少しました。任天堂は、売上高の減少により、今年の純利益は30%近く減少して3,400億円になると見込んでいます。

ソニーはまた、昨年のプレイステーション5コンソールのようなゲーム機の販売台数が1150万台で、当初の目標である1480万台を20%下回ったと発表した。 任天堂のように、半導体の不足が原因でした。

日本は、領土をめぐって争われている戦楽諸島で、日本の沿岸警備隊の巡視艇と中国の漁船が衝突した後、2010年に中国が希土類元素の輸出を禁止して以来、中国への依存を減らすために取り組んできました。

経済産業省によると、中国における日本企業の現地子会社の数は、2015年の162万から2019年には130万に増加した。米国と中国の間の貿易摩擦が激化した2020年から2021年に、日本企業の合併と買収は56%減少しました。

米国と中国の生産システムを分離するためのブロッキング戦略

それにもかかわらず、貿易額は2010年の26兆4,985億円から2020年には32兆5,898億円に増加しており、中国への依存度は低下していない。 経済安全法の制定に伴い、日本企業は現在、米国と中国のどちらかを選択するよう求められています。 実際、米国は、中国製品の輸入を規制する一方で、半導体などの韓国製の主要部品の中国への輸出を禁止している。

ペースの速い日本企業は、米国と中国の間の状況を克服するための戦略をすでに考案しています。 コア電子部品である多層セラミックコンデンサ(MLCC)の世界有数のメーカーである村田製作所は、最近、「米国と中国の間の世界経済の二極化に対応する生産システムを構築します。」と発表しました。

村田製作所は、材料から生産設備の建設・製造までの全工程を解決する総合生産ビジネスモデルを持っています。 生産設備の65%が日本に集中していることから、グローバルサプライチェーンの停滞の影響を特に受けない企業として知られています。 村田製作所のアイデアは、中国で独自の統合生産システムをもう1つ作成することにより、米国の輸出入制限に対応することです。 村田製作所は売上高の58%を中国に依存しています。

中国に15%依存している日本最大の空調会社であるダイキン工業も、米国とその他の西側諸国と中国の2つの部分で製品の生産システムをブロックすることを決定しました。

半導体製造装置部品のメーカーであるペロテックホールディングスは、中国の現地子会社を含む4つの子会社を、上海と深圳の証券取引所に3年間で上場することを決定しました。 本社は、日本企業の子会社ではなく、中国の上場企業の地位を取得することで、欧米と中国の子会社を兼務する計画である。

東京大学の鈴木一人教授は、日本経済新聞に次のように述べています。 それは成長するだろう」と彼は言った。

東京=特派員Young-hyoJunghugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。