中国への依存を減らすために、生か死かは日本です…チョン・ヨンヒョの日本産業の分析には理由がありました

日本の内閣府「現実世界経済」
中国からの輸入に23%依存、米国から18%以上、日本から8%
中国への依存度は50%以上、日本は23%、日本の5倍
「付加価値の低い原材料や製品に限定する」というのは誤解です
「中国からの輸入が阻止されれば、消費は生産よりも影響を受けるだろう」
日本の輸入に対する韓国への依存度はわずかに4.3%に増加した

日本の中国製品の輸入への依存度は、米国やドイツの2〜5倍であることがわかっています。

日本の内閣は4日、年次報告書「世界経済の動向」を発表し、主要国と中国の間の貿易パターンを分析した。 内閣省は、「日本は、米国やドイツよりも中国からの輸入にはるかに依存している」と述べた。 。

2019年、中国は日本の総輸入額の23.3%を占めました(金額ベース)。 米国で18.1%、ドイツで8.5%。

単一品目の輸入の50%以上を中国に依存していた輸入集中は、さらに深刻でした。 輸入5,000点のうち、日本からの1,133点が全体の23.0%を占め、中国が50%以上を占めている。 米国(590件、11.9%)やドイツ(250件、5.0%)の2〜5倍でした。

日本が中国に依存している商品は、携帯電話やノートパソコン用の発光ダイオード(LED)関連の商品からおもちゃまで多岐にわたります。 中国の経済成長が産業構造を進展させるにつれ、製造の原料である金属や化学薬品ではなく、家庭用品などの最終消費財に対する中国への依存度が高まっています。 これは、中国への依存が原材料と低付加価値製品に限定されるという一般的な認識とは対照的です。

中国の通信機器および電子機器への依存度はほぼ100%でした。 ラップトップおよびタブレットPCへの依存は98.8%に達しました。 携帯電話の輸入依存度は85.7%で、10年前の69.1%から16.6パーセントポイント上昇しました。

このため、日本経済新聞は「中国のサプライチェーンに混乱が生じた場合、製造業の生産よりも消費の方が影響を受ける」と分析した。 内閣府も「供給不足や物流の停滞などで中国からの輸入がスムーズに進まないと、供給相手の切り替えが難しく、日本に大きな影響を与える」と指摘した。

一方で、労働集約型製品の輸入への依存度は低下していました。 2009年、日本は履物の91.7%を中国から輸入しましたが、2019年までにそのシェアは66%に低下しました。 実際、中国での人件費の上昇により、労働集約型製品の輸入先はベトナムやインドネシアなどの東南アジアにシフトしています。

日本の韓国への依存度は2009年の4.1%から2019年には4.3%にわずかに増加しました。韓国の50%以上、つまり3、2%を占める160のアイテムがありました。 283(5.7%)で、中国と米国に次ぐ3番目でした。

コロナ19以降、米国と欧州は、半導体企業への支援を強化するなど、経済的安全保障の観点からサプライチェーンを再編成しています。 日本の岸田文雄首相の内閣はまた、経済安全保障を最優先の政策とし、中国への依存を減らすために生死を危うくしている。

日本政府は今月、経済安全保障の推進に関する法案を国会に提出する予定です。 経済安全保障推進法の4本柱の1つ目は、サプライチェーンの再編です。 この法案は、半導体などの主要部品に対する中国への依存を減らすことを目的としていると分析されています。

東京=特派員ヨンヒョジョンhugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。