中国は日本の憲法改革軍の地滑り勝利をチェックする…歴史から学ぶための包括的な方法

外交スポークスマン「歴史的な理由から日本の憲法改正に注意を払いなさい…行動を通して信頼を勝ち取りたい」
国営誌「日本はNATOに加盟できる」専門家「平和憲法改正を推進」

中国政府は、日本の憲法改正運動について、「日本が歴史の教訓を真剣に受け止めてくれることを期待している。

中国外務省のワン・ウォンビン報道官は、11日の定期ブリーフィングで参議院選挙の結果についてコメントを求められた後、これを述べた。

王報道官は、「中国は、日本とともに、日中の4つの政治文書(二国間関係に関する主要協定)によって確立された各条項の原則に従って、両国間の良好な友好的、友好的かつ協力的な関係を発展させ続けることを望んでいる。レポート)。」

「歴史的な原因として、日本の憲法改正の問題は、国際社会やアジアの近隣諸国から大きな注目を集めている」とワン氏は述べた。 具体的な行動を通じて、アジアの隣人や国際社会からの信頼を獲得したいと考えています。

与党自民党を地滑り勝利に導いた岸田文雄首相は同日の記者会見で、「安倍晋三前首相の意志を受け継いで、拉致問題や憲法改正に特に熱心だった。彼は自分の手では成し遂げられなかった。「私はできるだけ早く憲法改正を提案しようと思う」と彼は言った。

10日に行われた衆議院選挙後、「自衛隊憲法規定」で正に分類された衆議院の議席数は、自由民主党の公明党を含む。連合、日本復興協会、人民民主党は、憲法改正の定足数の3分の2をはるかに超えている。

第二次世界大戦での日本の敗北後に制定された日本の憲法は、国際紛争を解決する手段としての戦争の権利を否定し、完全防衛の原則を含んでいるため、「憲法平和」と呼ばれています。 。

中国の国営メディアも検証に参加しました。

中国共産党の公式新聞である人民日報の姉妹誌である環球時報は、専門家を引用して、「安倍首相の死は、保守的な自民党軍が日本人の支持を増やすための「象徴」となった」と分析した。

環球時報は、「与党連立が選挙に勝利するにつれ、安倍首相の遺産を受け継ぐことを旗印に、平和憲法の改正を推し進める」と述べた。社会科学。

同紙は、「(日本が)将来、憲法改正に成功すれば、平和憲法に制限がないため、海外戦争に参加できるようになり、積極的な多国間組織であるNATOに参加できるようになるだろう」と述べた。中国の専門家は、これは世界だけでなく、日本とアジア太平洋地域にも非常に損害を与えるだろうと警告している。

「彼らは、日本社会の保守的な態度が強まる可能性が高いと言っている」と彼は付け加えた。

同紙はまた、「中国の専門家は、安倍暗殺事件を岸田首相も追求している日米同盟の一歩と見ている」と述べた。

岸田文雄首相は安倍首相よりも日米同盟の強化に注力し、両国は中国をより積極的に標的にするだろうと、ユウヤチャイルドリサーチフェローは予測した。

専門家は、安倍前首相の死が世界的な喪を引き起こし、それが日本にとって非常にまれな「外交遺産」となり、岸田政権に「喪外交」をもたらしたと付け加えた。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。