中国は日本の後退を引っ張って金持ちになった…アベノミクスのヨンヒョジョンによる日本の産業分析

「阿部は習近平の前任者だった」
アベノミクスへの批判​​が日本に広がる
日本経済を後押しするために取られた国際円市場を介した中国からの流入
中国と日本は安い資金で世界の覇権を争う

「元日本の安倍晋三首相は、習近平中国大統領が率いる中国覇権(中国の覇権)の主な資金源でした。」

最近、日本では、アベノミクス(安倍首相の大規模な景気刺激策)の副作用に対する批判が高まっている。 「安倍は習近平の前任者だった」または「中国は日本の背中を引き継ぐことによって金持ちになる」という主張も含まれています。

中国は日本を押し戻すことで金持ちになりますか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

隣国の日本は、中国の急成長にとって最も困難な国です。 確かに、中国は世界第2位の経済大国としての地位を放棄し、北東アジアでのリーダーシップを放棄することにより、次々と世界市場を失っています。

最近の円安のせいで、日本の一部のエコノミストは「アヴェダは中国の目覚ましい経済成長にシードキャピタルを与えた人物だ」と信じられないほど主張している。 確かに、安倍前首相は、アベノミクスを通じて意図的に円を切り下げた人物です。

MMT理論が機能しない日本

2012年12月に安倍首相が政権を握ったとき、彼はアベノミクスを立ち上げました。 日本政府は年間数十兆円の国債を発行することで財政確認政策を実施し、日本銀行はインフレ率が2%に達するまで無制限に資金を解放するという二次元の金融緩和政策を実施した。

安倍前首相が円を導入した理由は、輸出企業の業績を改善し、それによって労働者の賃金と株価を上昇させるためでした。 個人所得の増加は消費も増加させ、日本は20年間のひどいデフレから逃れることができると計算されました。

中国は日本を押し戻すことで金持ちになったのでしょうか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

しかし、10年近くの無制限の量的緩和を経ても、日本はデフレから逃れることはできませんでした。 その間、「失われた20年」は「失われた30年」になりました。

アベノミクスは現代貨幣理論(MMT)と互換性があります。 MMTは「主要通貨を持つ国の政府は無期限にお金を印刷できるので、財政赤字がいくら大きくても、国の破産の恐れはありません」の略です。 したがって、インフレが悪化しない限り、経済を復活させるために心配してお金を解放する必要はありません。」

中国は日本を押し戻すことで金持ちになりますか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

彼は、政府支出が税収を超えてはならないという主流派経済学の皮肉な原則に反しているため、異端者と呼ばれています。 しかし、2008年の世界金融危機では、米国とCOVID-19ショックの主要国が事実上のMMT政策を採用し、景気後退を防ぐ効果があるため注目を集めました。

しかし、日本は現代貨幣理論が機能しない国であると分析されています。 日本銀行は、民間金融機関から国債を購入することにより、日本政府の財政拡大政策を間接的に支援しています。 日本銀行が国債を購入するために印刷した円は、メガバンクなどのプライベートバンクに流れています。

もともと、民間銀行は企業や家計に資金を提供するためにお金を貸さなければなりませんでした。 しかし、日本経済が長引く不況に陥ると、この金融市場の基本原則は機能しなくなりました。 確かに、企業は設備に投資せず、家計は住宅のための資金を借りたくない。

中国は日本を押し戻すことで金持ちになったのでしょうか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

日本からの余剰資金を貸し出す場所がない日本の銀行が注目を集めているのは、国際金融市場です。 日本の大手銀行は、ニューヨークやロンドンなどの海外拠点を通じて資金を管理しています。 日本から余った円を取り、ドル資産に投資します。 日本にとって、これは海外から受け取る外国の財政的義務とお金の量が増えることを意味します。

日本人がお金を稼ぐほど、私は幸せになります

国際金融機関も円を歓迎している。 これは、資金調達率がほぼゼロであるためです。 円を無利子で借りてドルに換算し、国際金融市場で利用しています。 多くの分析によると、日本のファンドは、近年、ニューヨークやロンドンなどの国際金融市場で資金を提供する能力を高め、低金利を維持するのに役立っています。

真実は、日本銀行が日本の国民経済を刺激するためにお金を印刷したということです。 過去10年間に日本銀行が発行した資金の半分以上が国際金融市場に流入したと分析されています。

これはお金が中国に入ったところです。 中国は低コストで調達した資金(日本の銀行が低コストで提供した資金)により、軍事技術を含む高度な技術を海外から取得し、中国を中心とした経済メガゾーンであるベルトイニシアチブとルートに投資しました。

中国は日本を押し戻すことで金持ちになったのでしょうか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

日本のプライベートバンクは、中国に直接投資したり、資金を提供したりしたことはありません。 それにもかかわらず、中国の大手企業や地方自治体は、国際金融市場と呼ばれる仲介ベースを通じて投資資金を調達するためにドル債を発行し、世界の大規模投資家は、香港と上海の株式市場に上場している中国企業に安価に調達した資金を投資します。 外出

アベノミクスは「日本経済の活性化に影響を与えず、大きな力を主張する習近平の中国政権にのみ訴える」、あるいは「日本政府と日本銀行は円を使って中国経済に資金を提供する」という批判。 外国拡大政策」が登場する理由

中国は日本を押し戻すことで金持ちになったのでしょうか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

安倍が習近平の財政の源であるというこの逆説的な主張は、統計によっても裏付けられています。 日本銀行の発行残高、日本の対外金融債務、日本のプライベートバンクの国際貸付、および中国の対外金融債務は、2012年12月以降等しく増加しています。

傾向は同じではありませんが、量はほぼ同じです。 2021年9月末時点で、日本銀行の資金は488兆円(約5.071兆ウォン)増加し、日本の対外金融債務は524兆円増加した。 これは、日本銀行が印刷したお金が海外に旅行したことを意味します。

中国は日本を押し戻すことで金持ちになったのでしょうか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

同期間に、民間銀行による国際貸付は206兆円増加したが、中国の対外金融債務(2021年6月末現在)は232兆円増加した。 日本の民間銀行が国際金融市場に送金した資金の大部分は中国に向けられたと推定できる。

50年前に円の購買力が低下

安倍晋三前首相が主導した人為的な円安も、購買力を50年前の水準まで低下させた。

国際決済銀行(BIS)が17日に発表した1月の実質実効円為替レートは67.55で、1972年6月(67.49)以来50年ぶりの最低水準となった。 1972年は1971年のニクソンショックの翌年で、ニクソン大統領が金とドルの取引の停止を発表しました。 これは、円が変動相場制に移行し、1ドルあたりの為替レートが約300円に跳ね上がった(円の価値が下がった)ときです。

中国は日本を押し戻すことで金持ちになったのでしょうか?  「アベノミクス」批評 [정영효의 일본산업 분석]

現在の実質実効為替レートは、1995年4月のピーク(150.85)の中間です。 これは、円の購買力が27年ぶりに半減し、1972年の水準に戻ったことを意味します。

通貨がその購買力を価格水準に等しく維持するためには、通貨の価値はそれに応じて増加する必要があります。 しかし、安倍首相の日本は反対方向に「低円」を引き起こした。 体が弱い場合は、生産性の向上など、経済のファンダメンタルズ(基本的な体力)を強化する必要がありますが、それは強壮剤だけを飲むようなものです。

安倍大統領時代、アベノミクスには不合理な政党はなかったが、日本の長期不況に活力を与える政策として歓迎された。 しかし、10年近く運動やバッカスを飲まないのと同じように、病気になります。

東京=特派員ヨンヒョジョンhugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。